polca(ポルカ)とは何か?アプリの使い方も説明するよ

      2018/01/29

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。

先日、クラウドファンディングについて以下のような記事を書きました。

合わせて読みたい>>>> クラウドファンディングのメリットとパトロンになる意味とは
 

そこで今日は、クラウドファンディングの一種であり、今後一般的になるであろう、フレンドファンディングの新サービスpolca(ポルカ)についての説明と、アプリの使い方をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

polca(ポルカ)とは何をするサービスなの?

OOK82 gurafuwoyubisasu20131223 TP V

polca(ポルカ)では、実際の友人や親戚などに加え、LINEやTwitter・Facebookなどを通じて、クラウドファンディングをより気軽に行うことを目指しています。

 
資金集めの目的も、CAMPFIREなどのクラウドファンディングのように“起業したい”“製品を作りたい”のような、大それたものである必要は全くありません。

“帰省したい”“美味しいご飯が食べたい”など、ライトで気軽なものでも全然アリなのです。

 
その点、プロジェクトの精査や集金にステップが必要で、プロジェクトの大小や公私問わずに公式サイトに公開されてしまうクラウドファンディングとは異なります。

ある程度自分自身の裁量で、SNSにシェアするか決めたり、ネタ要素を織り込んだ集金を募ることが可能なのです。

 
公式サイト:polca(ポルカ)- フレンドファンディングアプリ

 

polca(ポルカ)の使い方

IMG 5793

では、実際のプロジェクト企画を通じて、polcaを使ってみましょう。

※以下の画面スクリーンショットは、2017年9月現在のUIとなっており、今後変更の可能性があります。

1.プロフィールを設定する

IMG 5782  1

まずはアプリを立ち上げて、自身のプロフィールを設定しましょう。

 
画面下部、一番右の“プロフィール”をタップし、“プロフィールを編集”を選択します。

 
IMG 5782 3

@から始まる自分自身のID、プロフィールの画像、表示されるニックネームを設定します。

これらはTwitterとよく似ており、実際にアプリ上の画面やタイムラインに表示されます。

 
IMG 5791

こんな風に、“アクティビティ”をタップすると、設定したプロフィールに従って、タイムライン上のやりとりが閲覧できます。
主に「ウォッチしているプロジェクトにコメントが付いた」「誰かが支援した」「自分の企画が支援された」などですね。

2.プロジェクトを作成しシェアする

では、実際に自分でプロジェクトを企画してみましょう。

polcaでお金を集めるプロジェクトを作成するために、考えるべきものは以下の4つだけです。

・プロジェクトのタイトル
・表示される写真1枚
・目標とする集金金額
・出資してくれた人へのおかえし

IMG 5784

画面下部真ん中の“はじめる”から、これらを入力していきます。

 
IMG 5785

シンプルな”内容”と表示されるページに、プロジェクトの内容を記載します。

プロジェクトのタイトルを画面上部に。

アプリにもありますが、具体的に何がしたいのかわかりやすいタイトルにすることで、タイムラインやSNS上で目に留まりやすくなります。

結果、多くの金額を集められる効果がありそうですね。

 
キーボード上部真ん中の写真ボタンから、プロジェクトページに表示される写真を選択できます。

基本的に一つのプロジェクトに対して、表示される写真は一枚のみです。

そのため、プロジェクトを象徴するような写真を厳選して掲載するのが、作成するポイントとなりそうです。

 
IMG 5886

内容を入力したら、“次へ”をタップし、プロジェクトの詳細を設定していきます。

どこから設定しても良いですが、まずはプロジェクトで集める金額の目標金額を設定してみましょう。

 
IMG 5887

2017年9月現在では、一つのプロジェクトで集められる金額は300円から10万円までとなっています。

それ以上のまとまったお金を集めたい場合は、CAMPFIREなど純粋なクラウドファンディングを考えたほうが良さそうです。

polcaは、あくまで個人的な集金を目的としているので、この範囲の金額に収めましょう。

 
また、実際にプロジェクトで集めることができた金額が、ここで設定した目標金額に達しなかったとしても、心配はありません。

polcaのプロジェクトは、全て一ヶ月で終了するように期間が決められており、終了時点の金額を受け取ることができます。

そのため、ここで設定する金額は、あくまで目安です。

しかし、プロジェクトの趣旨や目的がきちんと伝わる金額を設定しましょう。

 
IMG 5786

次に”お返し”をタップし、支援してくれた人へのお返しと、支援者一人あたりの金額を設定します。

ここで設定した金額が、実際に一人あたりが支払う金額となります。

したがって、“一人あたりの支援金額”に500円を設定した場合、先述した”目標金額”が5万円ならば、100人に支援してもらう必要があります。

 
設定したお返しは、一人ひとりにきちんと返せるものにしましょう。

polcaはクラウドファンディングとは異なり、SNSでメッセージを送る、お礼を言うなど、比較的簡単な物で済むことが多いです。

 
IMG 5787

“お礼メッセージ”では、実際に出資をしてくれたタイミングで、出資者に表示されるメッセージを設定します。

こちらはpolca上で自動で表示されるものです。

IMG 5788

以上の設定が終わったら、プロジェクトの作成は終了です。

最後に、出資を募りたい人に対して、プロジェクトのURLをシェアします。

 
作成したプロジェクトは、該当するURLからのみが閲覧することができるため、自身からTwitterなどで拡散しない限り、赤の他人に公開されてしまうことがありません。

裏を返すと、自分から接触的に宣伝していかないと、お金の集まり用がありません。

 
または、逆にブログやSNSで積極的に宣伝し、集金を募ることもできます。

その点の舵取りは、自分自身でしやすいです。

 

3.ステータスを確認する

IMG 5782  1

自分が立ち上げたプロジェクトは、プロフィール画面から確認することができます。

画面下部、一番右の“プロフィール”をタップし、“自分の企画”を見てみましょう。

 
IMG 5789

複数のプロジェクトを立ち上げた場合は、それらが一覧表示されます。

IMG 5790

企画名をタップすると、実際のプロジェクトのページに飛びます。

ここからより詳細に、誰がウォッチしてくれたか、現在いくら支援金が集まっているか、確認することができます。

 

4.振込申請する

IMG 5782

実際にプロジェクトが終了したら、集まったお金を振り込んでもらいましょう。

画面下部の一番右“プロフィール”から、自分が集めた金額を確認することができます。

 
“振込申請”を行うと

 
IMG 5792

具体的に、いくらをどの銀行口座に振り込んでもらうか、入力することができます。

2017年9月現在では、polcaの利用手数料、あるいは銀行への振込手数料が、共に無料となっているため、集めた金額は全額受取可能です。

 
しかし、これもサービス開始間もないためで、いつまで無料期間が続くかは不明です。

 
予想では、集めた金額のおよそ数%が手数料として取られたり、いくら以上の振込金額がないと、振込手数料がかかる…などの運用にシフトしていくと考えられます。

その場合、実際に振り込んでもらっていない残高金額は、polca上で他のプロジェクト支援に使えるようになるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

フレンドファンディングという新しい概念を持つpolcaに今後も期待!

StockSnap KZVJREFDST

クラウドファンディングは、他のシェアリングエコノミーサービスとは異なり、直接お金を出資するという概念です。

さらに、身近な人へ協力を依頼できる、あるいは気軽にプロジェクトを立ち上げられる、という点で、polcaはとても新しいサービスです。

 
本記事ではTENの地元である北海道へ帰り、ラーメンを食べる…といったバカげた企画を例に、polcaの使い方をご紹介しましたが、本当にこんな風に、個人的にやりたいことだけをやる企画が、ごろごろ転がっています。

まだ立ち上がったばかりのフレンドファンディングサービスpolcaですが、今後も注目していきたいと思います!

もちろん、立案者としても出資者としても、どんどん参加していきますよ〜

 - ノマド生活