外資系コンサルティングファームにおけるアベイラブルとは?【学習時間】

      2018/09/02


「外資系コンサルタントって、忙しくて勉強時間が取れないイメージ」
「仕事やプロジェクトが変わるときって、研修みたいなのがあるのかな?」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。

コンサルティングファームでは、一つのプロジェクトが終わると、次に働くプロジェクトが決まるまでに時間が空くことがあります。

この期間のことを、コンサルティングファームでは“アベイラブル”と呼び、コンサルタントは自分のための勉強時間に当てることができます。

 
本記事では、外資系コンサルティングファームで働いていた僕が、具体的なアベイラブルの内容についてご説明します。

 

スポンサーリンク

外資系コンサルティングファームにおけるアベイラブルとは

StockSnap ZDS3FNOZZI

コンサルティングファームにおけるプロジェクトは、それぞれのコンサルタントが働くことができる期間が決められています。

クライアントに対して、どういったことをどれほどの期間で行なうか、予め提案して上で契約し、報酬をいただいてコンサルタントを割当て(アサインといいます)、業務に取り組みます。

なので決めた期間がすぎると、「あなたはもうこのプロジェクトに来なくても良いよ」と声がかかって、コンサルタントは自由の身になります。(リリースといいます)、

 
裏を返すと、契約期間を超えてコンサルタントを働かせる場合、コンサルティングファームからすると収入がないのにも関わらず社員の給料を支払うため、どんどん利益が悪くなります。

だからこそ、コンサルティングファームにおける時間あたりのアウトプットの質や量は非常に厳しいのですが…

 
Pexels photo 267569

こうしてプロジェクトから自由の身になったコンサルタントですが、次に働くプロジェクトが決まるまでに、時間が空くことがあります。

このようなコンサルタントはアベイラブル状態と呼ばれ、各自がオンライン研修を受けたり、有給を取ったりして過ごします。

 
アベイラブル中のオンライン研修については、コンサルティングファームによって様々ですが、かなり充実しています。

基本的なOffice製品などの使い方から、人工知能関連のプログラミングまで、様々な内容の研修を無料で受けることができたりします。

 
また、次に配属されるプロジェクトの内容によっては、予め受ける研修内容が指定されることもあります。

しかし、基本的にアベイラブル状態では、自分で必要だと思った勉強をしていて構いません。

運が良ければ、海外で行われる研修に行くこともできます。

 
アベイラブル期間を利用して、ひたすら資格の勉強を進めている人もいれば、プログラミングのコードを書き続けている人もいます。

中には有給を取って(バケーションといいます)、長期休暇で海外に出かけるなど、過ごし方は本当に多種多様です。  

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサルティングファームのバケーション制度とは?
 

アベイラブルを利用して知識のアップデートをする

Pexels photo 267491

会社の立場から考えても、従業員に新しい知識を身に着けてもらうほうが、結果として仕事に良い影響を与えるでしょう。

アベイラブル期間を利用して、普段の業務から離れてトレーニングを受講してもらうことにより、専門知識をアップデートした上で、次のプロジェクトに望むことが出来るのです。

 
ご存知の通り、現代は変化の激しい時代です。

コンサルティングファームでは、クライアントに対して常に最新情報やテクノロジーのアドバイスが求められてきます。

入社時から身につけてきた専門知識が、数日後には全く役に立たなくなっていた!なんてことも、増えていくのではないでしょうか。

日本の企業の研修制度とは違って、もう何年も同じカリキュラムを繰り返している…なんてことはありません。

 
合わせて読みたい>>>> ビッグデータアナリティクスや機械学習のおすすめ勉強方法とは
 

スポンサーリンク

外資系コンサルティングファームの社風の違いに驚く

Pexels photo 289825

僕は日系の大手自動車メーカーから外資系コンサルティングファームへと転職し、社風の違いにとても驚きました。

本記事でご説明したような、外資系コンサルティングファームのアベイラブル制度は、社員にとって非常に魅力的だと思います。

実際に僕も、アベイラブル期間は勉強のみに当てるだけではなく、半年に一回以上は長期休暇を取得して、海外旅行にも出かけていました。

プログラミングを学習したのも、このアベイラブル期間を利用して、十分な学習時間を確保できたためです。

 
このように、典型的な日本の古い大企業から離れて、自己学習の時間を取ることができたからこそ、現在の僕があると思っています。

普段の業務から学ぶことができるだけではなく、アベイラブル制度を利用した自己学習の時間を取ることも、キャリアにとって大切な時間でしょう。

 
もし外資系コンサルタントに興味がある方は、転職サイトに早めに登録しておくことをおすすめします。

仕事でのストレスや疲労が溜まってきてしまうと、疲れて帰って寝るだけの日々が続き、そこから抜け出せなくなってしまいます。

たとえば、会員制転職サービスのビズリーチならば、外資系企業にも多くのコネクションを持っています。

少しでも時間や元気があるうちに、まずは登録してみることをおすすめします。

 
こちらの記事では、僕自身の転職事例をご紹介しております。

日々の仕事に悩んでいる方、外資系企業への転職を目指している方は、ぜひ一度ご覧ください。

 
僕の転職事例はこちら>>>> 第二新卒で自動車メーカーから外資系コンサルタントへ転職
 

 - キャリア