BigQuery Scriptingを使ってクエリをループ実行してみる

WHERE句にある絞り込み条件について、同じクエリを流用しながら、条件を変えつつforループのように実行したい場合。

UNIONや都度テーブル作成してもいいが、Resources exceeded during query execution・・・みたいに、クエリが複雑だったりデータ数が多くて、メモリが少ないと怒られたりする場合には便利そう。

Python使わなくてもBigQueryだけで済むのは嬉しい。

例として、以下のクエリのWHERE句にあるReferenceDTの条件を、2019/12/29および2019/12/30の場合でそれぞれデータ取得して、ガッチャンコ&格納する。

これをBigQuery Scriptingを使ってループさせた場合が、以下のクエリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です