ノマドは選択肢や荷物を減らすことで旅と仕事の集中力を高める

      2018/08/08


「なんだかいつも不安になって、海外旅行を楽しめない」
「仕事や作業をやろうと思っていたことなにのに、やる気が起きない」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。

本日はノマド生活をしてみて思う、仕事への集中力を高める方法について意見したいと思います。

スポンサーリンク

人間の頭は選択肢の連続によって消耗してしまう

MBP9V9A8418 TP V

さて、ノマドワーカーというとどんな姿を思い浮かべるでしょうか。

気の向くままに旅をして、毎日違う場所でパソコンに向かい、仕事をこなす。

なんとなくそんな感じでしょうかね。

13048125 560900360747507 1104804529773160056 o

かくいう僕も、そういう生活をしていたことがあります。

憧れますよね。

プールサイドで、ビール片手にMacbook。

 
実際にやってみたんですが、

ぜんぜん集中できませんでした…

 
効率は圧倒的に悪かったように思います。

旅をしながら働ける人もいると思うんですが、僕は向いていないなと思いました。

 
少なくとも、短期間で移動しながら仕事をこなすのは難しいなと。

 
それはなぜか。

旅をしていると、あまりにも邪念が多すぎるからです。

「今日はどのカフェにいって作業をしようか」
「次の街でゲストハウスはどうしようか」
「ここはWifiあるのかな、電源は使えるのかな」

日々そんな心配をしながら生活をするのでは、実作業に取り掛かる前に疲れ切ってしまいそうですね。

 

ノマドワーカーは常に移動しなければいけないわけではない

DSC 5054

僕の目指している姿は、場所や時間に依存こそしない生き方、自らに流動性を持たせるビジネスマンです。

北海道であろうと海外であろうと、自分の力でお金を稼げるデジタルノマドを目指しています。

 
ノマドだからといって、常に移動しながら働くわけではありません。

もしも定住を許されず、移動を強いられながら働くことを強制されたとしたら、毎日の仕事の生産性も落ちてしまうことでしょう。

IMG 1994

確かに海外は好きですが、日本も同じかそれ以上に大好きですし、家族にも会いたいです。

 
旅をしていると、日々の滞在場所や、移動のための手段、行動指針や旅の目的、訪問する国に至るまで、毎日が選択肢の連続です。

 
自分にとって何が必要な情報で、どのようにネットで検索すれば、その情報を得ることができるか。

その情報の信頼度はどれくらいか、不適切だった場合の代案は何か。

 
などなど、事柄の要不要を見極め、予備のお金や時間など、必要に応じていくつものセーフティを重ねた、自分で予定を立てる必要があります。

 
そう考えると矛盾するようですが、毎日の寝床と出勤場所が決まっているオフィスワーカーというのは、選択の機会を徹底的に減らした効率の良い働き方とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

持ち物を減らし、行きつけのカフェを決め、選択肢を絞る

IMG 6765

たとえば、僕はインドとタイに2週間ほどの旅に出たことがあります。

この時の持ち物は、ノースフェースのリュックサック一つで事足りてしまいました。

パスポートと財布に服を数着、洗面用具とMacbookを詰め込んで、本当に必要なものだけを厳選してしまうと、これだけでも旅が出来てしまうのです。

13301308 575427255961484 5854813566940403204 o

海外旅行において、ものを減らすことで得られる良いことは、ものを無くしてしまう心配をしなくても良いところです。

 
やはり、海外という慣れない土地だと、自分が思っている以上に気をつかってしまいます。

 
「忘れ物はしていないか、パスポートや財布はちゃんとあるか。」
「ホテルに貴重品を置いてきたとしても、果たしてそれが盗まれたりしないだろうか、スタッフが悪巧みをしていないだろうか。」

などなど、心配をしてしまいがちです。

 
最低限のものだけで旅をしていると、貴重品や高級品など、気を配るべきものが明確になります。

つまり、海外旅行における気疲れが圧倒的に減ります。

 
飛行機の受託手荷物に預けて、ロスバゲを食らう心配も減りますしね。

13055771 560900264080850 2902886162593342110 o

行き先についても、同様です。

僕も初めての国や街であれば、それなりに観光はしますが、どこでもカフェに入ってのんびり過ごすことが多いです。

行き先にも決めず、パッと見で良さげなカフェやバーがあったら、そこで何時間も潰したりします。

変に店を絞ってしまうと、そこにたどり着くことで精一杯になってしまって、いざ到着したときには疲れ切ってしまうことがあるからです。

DSC02586

同じ街で数日間過ごす場合でも、ゲストハウスやカフェの情報は徹底的に調べ、滞在中はそこしか使用しません。

宿を泊まり歩くのも疲れるし、せっかく良い場所を見つけたにも関わらず、その次の場所が本当にそれより良い場所かはわからないからです。

 
電源Wifiがあり、居心地の良いカフェであることがわかったら、基本的に滞在中はその場所しか利用しません。

 
どんな設備があり、どうやって行くか頭に入っていれば、

あとはその日に行なうべき作業にひたすら集中することができます。

 
このように、自ら仕事に向かう姿勢を律する必要があるノマドだからこそ、選択肢を徹底的に絞るこでで、集中力を高めているのです。

 

日本でもミニマリズムを貫き、集中力を高める

StockSnap RI7SK19IYK

これは日本にいるときも同様です。

ミニマリストと呼ばれる存在が、まさにそうです。

 
彼らは日常生活において利便性の高い服や家具家電などを徹底的に調査した上で、選択肢をそれのみに絞り、日々の集中力を高めています。

ノマドにおいても同じことが言えるでしょう。

旅先では、新しいものを見ることによる刺激。
未知の人々との出会い。
様々なインプットが、絶えず流れ込んできます。

IpadIMGL1341 TP V

選択肢を減らすことによって集中力を高めることとは、決して仕事の生産性を高めるだけではありません。

このように、貴重な経験を真っ白な気持ちで正面から受けとり、限られた時間や機会をより密度の濃いものとする。

 
そのためにも、旅や日常における物や場所などの選択肢をなるべく減らし、邪念を捨て去った上で頭をクリアに保つことが必要なのです。

 
仕事に集中できない、やる気が起きないと嘆いているのであれば、自分にとって本当に必要なものは何なのか。

まずは周りの整理して、いらないものを捨て、選択肢を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

 - キャリア, ノマド生活