新卒の外資系コンサル就職は戦略よりIT系職種がおすすめ【就活】

      2018/09/02


「外資系コンサルタントになりたいけど、職種は戦略系は一番人気なのかな?」
「業務とかITとか職種が色々あって、どれを選べば良いかわからない…」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、デジタルノマドのTEN(@02smwhere)です。

外資系コンサルティングファームには、戦略、業務・IT、エンジニアなど様々な職種がありますが、新卒の就活生にはどの職種に応募するか悩むものです。

 
結論から言ってしまえば、これからコンサルティングファームへの就職を目指す方は、戦略系ではなくIT系の職種を狙うべきです。

本記事では、外資系コンサルタントとして様々な仕事内容を目にしてきた僕が、経験を踏まえた上でそのように考える理由をご説明します。

本記事のまとめ
  • 新卒のコンサル就職ではIT系の職種を狙うべき理由
  • IT系コンサルとその他の職種でにおけるスキル・キャリアの違い
スポンサーリンク

外資系コンサルティングファームにおける戦略とIT系職種の違い

Andrew neel 227873

まずは外資系コンサルティングファームにおける職種の違いについて、ざっとご説明いたしましょう。

 
コンサルティングファームの仕事では、それぞれの職種が得意分野を活かして、チームを組んでプロジェクトに入ります。

コンサルタントやエンジニアの職種によっても、給料やメインとなる仕事内容が異なります。

そのため、これからコンサルティングファームへの入社を目指す方は、社名だけでなく職種にも気を配って、応募することを心がける必要があります。

 
ざっくり言ってしまうと、プロジェクトの初めに全体の方向性を示すのが、戦力コンサルタントです。

クライアントの事業や導入するITの技術に特化した人が、業務・ITコンサルタントです。

実際のコーディングや、技術面からのアドバイスをコンサルタントに対して行なうのが、エンジニアです。

各職種の細かい違いについては、以下の記事で解説しておりますので、ご参照ください。

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサルティングファームの職種分類の違いを解説
 

Programming

さて、僕の実体験を踏まえてみても、現代のコンサルティングファームでITの知識なしで仕事をするのは、極めて難しいです。

求人を見てみても、戦略とか業務とかITとか、はたまたエンジニア職は別枠で用意されていたりと、役割分担がなされていることがわかります。

 
そのため、戦略系コンサルタントという響きはかっこ良いですが、きちんと業務の違いや身につくスキル、今後のキャリアパスを考えた上で、自分に最適な職種を選ぶ必要があります。

コンサルタントや戦略という肩書だけに目を奪われてしまい、ITが席巻する今日のビジネスや、自身のキャリアをないがしろにしてしまっては、本末転倒です。

 
以降では、外資系コンサルティングファームにおいて戦略系ではなく、IT系の職種を狙うべき理由をより掘り下げていきましょう。

 

新卒でコンサル就職を目指すならIT系職種を狙うべきです

Pexels photo 70292

もう一度結論を述べると、新卒で外資系コンサルティングファームに入社する場合には、IT系の職種に応募することをおすすめします。

なぜならばIT系の職種では、自分自身で手を動かしてシステムを動かしたり、業務に触れる経験を積むことが出来るためです。

 
一方で戦略系コンサルタントは、プロジェクトにおける最上流を担当することがほとんどです。

しかし、よくコンサルタントは絵に描いた餅しか語らない、と揶揄されますが、戦略しか知らない人材はその言葉の通り、理想論だけ語る人になってしまいがちです。

戦略系コンサルタントの職種を長く続けていると、現代社会において重要度が非常に高まっているIT系スキルが身に着かない可能性を否定できません。

余談ですが、古いタイプのコンサルタントは未だにメールやエクセル命、SlackもGoogleスプレッドシートの共有機能も使えない人だっています。

 
OOK82 gurafuwoyubisasu20131223 TP V

もちろん戦略系コンサルタントにおいて、ITそのものの戦略を立てるポジションやプロジェクトも、決して無いわけではありません。

ですが、自身が手を動かしてシステムを実装した経験がない場合、技術動向や現場へ知識も浅く、結果としてIT系のコンサルタントに負けてしまいます。

 
逆にITスキルを身に着けた人材は、今日の働き方改革などによる業務改善のプロジェクトだけをとってみても、あちこちから引っ張りだこです。

今後の人工知能の台頭でも、プログラミングや機械学習に強みがあるだけで、かなり人材的価値が高いと言って良いでしょう。

 
合わせて読みたい>>>> コンサル志望者がSIerの仕事との違いを知るべき意味とは
 

スポンサーリンク

新卒の外資系コンサルティングファームでは戦略系が大人気

Fabian irsara 92113

最近の就活市場では、コンサルティングファームへの就職が非常に人気です。

人気の理由は様々でしょうが、大手のコンサルティングファームに就職することができれば、

・安定した(同年代に比べて高めの)給料をもらいつつ

・外資系特有の裁量の大きさと緊張感を持ちつつ

・他の大企業を含めたビジネスの仕組み作りを学ぶことができる

…という、非常に魅力的な仕事に就くことができるためでしょう。

 

実際に東大・京大生が選んだ「就活人気100社」を見てみると、外資系コンサルティングファームはなんとトップ10社のうち6社を占めています。

特に外資系コンサルティングファームにおいては、いわゆる戦略系コンサルタントの職種が最も採用が難しく、大人気です。

社会に出たことのない就活生の場合は、偏差値のように難しくて人気=成功と考えてしまいがちなため、戦略コンサルタントを重点的に志す傾向があります。

 
一方で、コンサルティングファームにおけるエンジニアや、IT・業務系のコンサルタントといった職種は、戦略系に比べると人気が若干劣ることが多いです。

そのため、IT系の職種であれば人気のファームであっても、採用される可能性は高くなる点もまた、おすすめできる理由の1つになります。

 
合わせて読みたい>>>> コンサル志望者はエンジニアをバカにせずプログラミングを学習をすべき
 

IT系職種でスキルを得たコンサル卒業のキャリアパス

StockSnap TTKUVZ2EJD 1

コンサルティングファームにおけるIT系職種の方は、大学の専門が理系であってり、前職がSIerの出身であることも多いです。

そのため、一見すると戦略系コンサルタントに比べて地味に見えたり、キャリアに対してアクティブに感じられないこともあるでしょう。

 
しかし、一歩転職市場に出てみると、大企業のITや情報システム部門や管理職だったり、ベンチャー企業のCTOだったりと、人材的価値の高さに驚かされることがあります。

 
IpadIMGL1341 TP V

一方で、戦略系コンサルタントとしてプロジェクトマネジメントそのものの経験しかない場合には、システムの実装経験が無いため、人材としての使いどころが難しいです。

仮にWeb系ベンチャーへの転職を目指す場合、エンジニアのマネジメントと実際の開発の品質担保がセットになることが多く、システムを独力で実装できる能力が必要とされます。

しかし、事業開発しか経験のない戦略系コンサルタントが、システム実装やWeb開発を行なうことは、独力では不可能でしょう。

 
その点、IT系のコンサルタントであればシステムの構築のみならず、プロジェクトマネジメントの経験も積むことが出来るので、さらに転職の選択肢が広がるのです。

 

合わせて読みたい>>>> 【ポストコンサル】IT業界への転職にプログラミング学習が有利な理由とは
 

IT系職種を狙って外資系コンサルへの就職を目指す

Pexels photo 267569

本記事では、大学を卒業後に新卒でコンサルティングファーム就職を目指す場合、IT系の職種を狙うべき理由をご紹介しました。

スキルやキャリア面だけでなく、戦略系コンサルタントにくらべると採用のハードルが下がったり、ファームによっては併願可能であることも、就活生にとっては嬉しいことなのかもしれません。

 
これは仕方がないことなのですが、コンサルティングファームにおける職種や業務内容の違いは、就活生から見るとわかりづらいことがほとんどです。

そのため、各ファームにはどのような職種があって、どんな業務を行っているのか、きちんと情報収集をする必要があります。

 
たとえばビズリーチ・キャンパスのようなサービスを使えば、自分の大学や学部・研究室などの共通点から検索して、コンサルタントの先輩と話をすることだってできます。

遠方の大学であれば、スカイプでのオンライン相談も対応できるなど、気軽に相談できるシステムが整っています。

 
外資系コンサルティングファームへの就職を考えるにあたっては、このようなサービスを活用することも、有効な戦略となることでしょう。

 
ビズリーチ・キャンパスの詳細

また、以下の記事で僕の新卒の就職の考えをまとめておりますので、ぜひご参照ください。
 
合わせて読みたい>>>> 新卒の就活ではベーシックスキルが身につく企業を選ぶべき
 

 - キャリア