外資系コンサルの職種の違いを大学サークルに例えて解説【戦略・業務・IT】

      2018/09/24


「コンサルタントって響きはかっこいいけど、業務内容がわからない」
「戦略とかITとか、職種の違いが知りたい」
「SIerからコンサルティングファームにステップアップしたい!」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、デジタルノマドのTEN(@02smwhere)です。

僕はかつて、外資系コンサルティングファームにて働いていました。

外資系コンサルの求人を見ると、いろいろなことがつらつらとカタカナで書いてあって、業界人以外には非常にわかりにくいですよね。

 
実は僕自身も、第二新卒で外資系コンサルティングファームに入るまで、恥ずかしながらあまり業務内容を知らずにいました。

職種は業務コンサルタントでしたが、データアナリティクスをやったり、案件獲得のために戦略的な提案をしたり、幅広い仕事を経験しました。

 

そこで本記事では、外資系コンサルティングファームの各職種について、

①コンサルティングファームにおける業務の流れをざっくりと説明し、

②それぞれの職種における分類の違いを掘り下げ、

③最後に「大学のサークルの新歓」というプロジェクトに例えてご説明します。

 
コンサル入社後のミスマッチを無くすために、一人でも多くの志望者の方に役立てる前知識として、役立てていただければ幸いです。

本記事のまとめ
  • コンサルタントの職種である戦略・ITなどの分類の違い
  • コンサルティングファームにおけるプロジェクトの流れ
スポンサーリンク

コンサルティングファームにおける業務の流れと職種の分類とは

スクリーンショット 2017 10 14 17 35 24

さて、僕の理解をベースにして、ざっくりとコンサルのプロジェクトを流れにしてみたのが、上の図になります。

僕が在籍していたコンサルティングファームは総合系と呼ばれるもので、企業の課題解決を上流から下流まで、一貫して請け負うことが出来る点を売りにしていました。

 
そのため、上流では経営戦略に特化したコンサルとの競合となり、下流に行くにつれてシステム導入に強いベンダーと同業となることが多かったです。

以降では、それぞれの職種で担当する範囲の違いについて、掘り下げて説明していきます。

 

戦略コンサルタント・データサイエンティストの仕事内容とは

スクリーンショット 2017 10 14 17 36 15

ます、企業が何かで困ってるとします。

『売上が伸び悩んでいる』
『残業が多い』
『業務の効率が悪い』

なんでも良いです。

 
それに対して、どうしましょう、こうしましょうって一緒に考えてあげるのが、戦略コンサルの仕事です。

プロジェクトにおいて、初めに全体の方向性を示しているのが、戦力コンサルです。

 
ここで出した結論として、例えば物流網がボトルネックとなって、コストがかさんでいることにより、利益が出ていない…

ということになれば、物流を改善するために、業務の仕組みを再構築したり、新しシステム導入をしたりするわけですね。

 
最近はデータアナリティクスが盛んなので、取得したビッグデータを解析したり、得られたデータを証拠としてクライアントの経営層に掲示する能力が求められています。

そのため、データサイエンティストといった職種においても、このようなプロジェクトに関わることが多いかもしれません。

 
合わせて読みたい>>>> ビッグデータアナリティクスや機械学習のおすすめ勉強方法とは
 

業務・ITに分類されるコンサルタントの仕事内容とは

スクリーンショット 2017 10 14 17 36 40

次に、上流から得られた解決策を実現したり、具体的な業務イメージに落とし込むのが、業務コンサルタントの仕事です。

いまの時代だと、SAPやSalesforceといったパッケージと呼ばれるものを導入したり、完全にJavaでカスタム開発するなど…

最近のコンサルでは業務改善を実現するために、ITの力を用いることが多いです。

上流が実現したいと言った業務を、実際の現場や使用するソフト、運用のイメージを持ってして、実現させるのです。

 
業務・ITコンサルタントという職種は、実際にクライアントが行っている事業内容や、導入するITの技術に特化した人を指します。

また、ITのソリューションを提案・導入するのみならず、クライアントが人件費の削減などのために、ある程度の業務を海外へアウトソーシングする場合があります。

そういった時に、その業務を請け負う海外の業者を選定したり、国内から海外へ引き継ぎを行ったり、実際にファーム内で抱えている人員を配置して運用したりします。

クライアントの仕事そのものを、自社を委託先として引き受けることができれば、毎月毎年一定額の安定した利益が見込めます。

この当たりのプロジェクトだと、ITベンダーやSIer、国内のシンクタンクとも競合になってきます。

 
合わせて読みたい>>>> コンサル志望者がシステム導入についてを知るべき意味とは
 

エンジニアに分類される職種もコンサルには存在する

スクリーンショット 2017 10 14 17 36 59

大きいコンサルティングファームでは、エンジニアに職種が分類される従業員を、自社内で抱えていることがあります。

導入が決まったパッケージや、配置するサーバーなどのハード・ソフトによっては、クライアントに応じた様々なカスタマイズが必要です。

こういったコーディングを行ったり、技術面からのアドバイスをコンサルタントに対して行なうのが、エンジニアの仕事です。

 
エンジニアに分類される職種では、いわばSIerと呼ばれる会社から転職してきた人も多いです。

SIerとは、システムインテグレーションにerを付けたもので、システムの構築と導入そのものをメインにしている仕事です。

よくある話として、ITゼネコンのピラミッド構造とか言われるやつです。

 
つまり、クライアントから受けた案件に対して、実際にプログラミングするのを二次請け、三次請けといったように、安い会社へ横流ししていくビジネスですね。

コンサルに移ってきたエンジニアは、より上流工程に関わることを望んだり、そういった下請けに嫌気が差したり、待遇面の改善を見込んで転職する人が多いです。

 
エンジニアとはいっても、Web系の言語とは異なり、業務や大規模システムに強いJava、もしくはパッケージに特化したABAPなどの学習が必要になります。

 
合わせて読みたい>>>> コンサル志望者はエンジニアをバカにせずプログラミングを学習をすべき
 

コンサルの職種の分類を大学のサークルに例えてみる

Football 2182996 1280

さて、コンサルティングファームにおける職種分類の違いはイメージしていただけたでしょうか?

より理解を深めるために、わかりやすく大学でサークルを立ち上げると仮定して、具体的に考えてみましょう!

 
全員「「これからフットサルサークルを作ろう!!」」

戦略コンサルタント「さて、サークルの成し遂げたいことって何だろう?」


〜戦略コンサルタントの考えること〜

 
「持続可能なサークルを目指そう、コンセプトは大事だ」

「最近では女子の間でもフットサルが流行ってるデータがあるから、ここで攻めてみよう。」

「大学のサークル数や学生数から考えると、新入生100人集めて、200人のサークルにしましょう、経験者は50人くらいかな。それならうまく回るし、発展していくはずだ。」

「ビラくばり、サイト更新の順で効き目がありそうだな。」

「予算はこれくらい集まるだろうから、黒字はこれくらいだろう。したがって、会費これくらい取る必要があるな。」

ビジネスコンサルタント「どうやったらサークル作りを実現できるだろうか?」


〜ビジネスコンサルタントの考えること〜

 
「どうやって新入生を100人集めようか。」

「ビラはワードで作るか、なら新しいパソコン買わなきゃな。」

「サイト作成と更新は誰がやろうか?」

「めんどくさいから外注しよう、予算内でできるかな?」

「新歓の具体的な日程やイベント内容、担当者も決めないとね。」

エンジニア「実際に手を動かして、サイトやビラをつくるよ!」


〜エンジニアの考えること〜

 
「いまからパソコンを買うなら、新型の方が長く使えて良いのでは?」

「サイトに貼る画像は、ファイルサイズが小さいのでJPEGが向いてます!」

「ビラを作るならワードじゃなくて、パワポやイラレのほうがいいですよ。」

「最近はアドビも月額制なので、これくらいの見積もりで継続的に更新可能です。」

「A社は外注の実績がないので、B社含めてそれぞれ比較してみます。」

いかがでしょうか?

サークルを作るという目的の下で、上流から下流までの流れをつかんでいただけたかと思います。

 
合わせて読みたい>>>> 新卒の就活ではベーシックスキルが身につく企業を選ぶべき
 

スポンサーリンク

コンサルティングファームの職種は仕事内容を調べて選ぶべき

StockSnap KZVJREFDST

これまで、戦略コンサルタントからエンジニアに至るまで、職種の違いを主に解説しました。

多くのプロジェクトではそれぞれが得意分野を活かして、チームを組んでプロジェクトに入ることが多いです。

ですので、実際にはどんなプロジェクトに参加するか、本記事におけるどのフェーズに当たるかによっても、仕事内容は大きく異なります。

 
一方で、職種によって給料やメインとなる仕事内容が異なることも事実です。

そのため、これからコンサルティングファームへの入社を目指す方は、実際の求人に注意して応募するように気をつけてください。

 
合わせて読みたい>>>> コンサルで身に付く能力は仕事内容に依存したギャンブルである
 

Pexels photo 289825

本記事では、その業務内容をよりイメージしやすくするために、コンサルティングファームにおける職種の違いについてご紹介してきました。

 
こちらの記事では、僕自身が第二新卒で外資系コンサルに転職した事例をご紹介しております。

コンサルティングファームでの働き方のイメージをエージェントに伝えておくと、認識違いもなく、求人が見つかると思います!

 
外資系コンサルタントを目指している方は、ぜひ一度ご覧ください。
 
詳細はこちら>>>> 第二新卒で自動車メーカーから外資系コンサルタントへ転職
 

 - キャリア