クラウドファンディングの成功率を上げる方法を考えてみる

      2018/01/08


「クラウドファンディングのプロジェクトを成功させたい!」
「プロジェクトに支援を集めるためには、どうすれば良いだろう」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。


最近はクラウドファンディングについて、SNSなどで目にする機会が多くなっています。

ゲストハウスの設立や、面白い旅の企画など…

僕は実際にプロジェクトを立ち上げたことがありませんが、感銘を受けたプロジェクトであれば、支援してパトロンになることが多いです。

 
合わせて読みたい>>>> クラウドファンディングのメリットとパトロンになる意味とは
 

せっかくクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げるのであれば、是非とも目標金額を集めて成功させたいものです。

 
そんな方におすすめな本が、板越ジョージ氏の”クラウドファンディングで夢をかなえる本”です。

本記事では、この本を参考にして、クラウドファンディングによる資金集めのコツ、成功率を上げる方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

クラウドファンディングは魔法のサイトではない

StockSnap KZVJREFDST

クラウドファンディングとは、自分のやりたいことや企画などを、プロジェクトとしてサイトに登録し、賛同してくれる人から資金を募るというものです。

最近は日本国内でも、よく耳にすることが多くなりましたが、もともと海外ではメジャーな方法です。

 
クラウドファンディングでは、方法によっては非常に多くの金額を集めることも可能です。

ですが、クラウドファンディングは決して魔法のサイトではありません。

自分から主体的に動いて、プロジェクトに共感を覚えてもらえるような工夫、周囲への働きかけが必要になるのです。

そこで参考になるのが、1/3の法則と呼ばれる規則になります。

 

クラウドファンディングに必要な1/3の法則とは

StockSnap BSALH690F5

1/3の法則とは、クラウドファンディングに集めるお金の目安を、以下の配分にしておくという指針です。

 
・総額のうち1/3は自分のネットワークを通じて自分で集める
 (自分の友人や家族など)

・次の1/3はネットワーク上の友人が集める
 (友人がその友人に働きかけるなど)

・残りの1/3はクラウドファンディングのサイトから募る

 
成功しているプロジェクトを見ると、たしかにCAMPFIREのサイトで集金をしているため、一見すると無関係の人たちが出資しているように見えるかもしれません。

しかし、蓋を開けてみると、プロジェクトを立ち上げた人の知り合いが出資していたり、プロジェクトをFacebookなどで友達経由で知った人が援助していたり…

利用しているプラットフォームがクラウドファンディングのサイトであるというだけで、たしかに1/3の法則に乗っ取る場合が多いように思います。

 

スポンサーリンク

クラウドファンディングのプロジェクトを考える

OOK82 gurafuwoyubisasu20131223 TP V

では、実際にプロジェクトを立ち上げる際には、どのような点を気をつければ良いのでしょうか。

 
まず、プロジェクトを立ち上げる際には、成功するための金額を概算していき、自分でいくら集めることが出来そうか、考えると良いでしょう。
そのためにも、はじめに支援してくれそうな人のリストを作り、1/3の法則に該当しない場合には、設定額を下げるか、支援者数を増やすなどの工夫が必要になります。

 
設定金額は、手数料やリターンの原価設定も盛り込んで、現実的にプロジェクトが実現可能な金額を設定することです。

 
また、目標金額の設定については、総額全てをクラウドファンディングで集める必要はありません。

プロジェクトの会場費だけ、渡航費だけなど、必要最低限な金額を一部分だけを切り取り、それだけをクラウドファンディングにて募ると、謙虚さも相まって共感を得やすいです。

 
以上、どのように、どの金額を集めるか考えることで、プロジェクトの成功率は変わってくるといえます。

プロジェクトの内容、SNSでの周知方法も勿論大事ですが、こういった数字的な戦略から、プロジェクトの是非は決まっていると言えるでしょう。

 

クラウドファンディングはこれからどんどん一般的になっていく

StockSnap GVK5G8BT96

本記事では、板越ジョージ氏の”クラウドファンディングで夢をかなえる本”を参考にして、クラウドファンディングにおける発案者側のメリットと、パトロンが存在する意味について述べさせていただきました。

 
これからの時代、一方的に富を持つものと持たないものに分かれるような、資本主義型の社会は終焉を迎え、循環型の社会にシフトしていくだろうと言われています。

クラウドファンディングは、本当に熱い志さえあれば、誰でも夢を叶えることができる、新しい方法です。

 
最近ではpolcaというサービスによって、小規模なクラウドファンディングがより簡単に行えるようになり、私たちの生活にますます入り込んできます。

 
合わせて読みたい>>>> polca(ポルカ)とは何か?アプリの使い方も説明するよ
 

そのような新しい価値観を恐れること無く、実際に出資する側としても、出資を募る側としても、たくさんの人々と助け合える世の中になっていくと、素敵ですね。

 

 - ノマド生活