外資系コンサルの転職に役立つロジカルなエントリーシートの書き方とは【就活】

      2018/09/02


「コンサルティングファームに転職したいけど、エントリーシートのコツがわからない」
「コンサルタントはロジックが大事なので、下手な書き方すると突っ込まれそう…」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、デジタルノマドのTEN(@02smwhere)です。

僕は大学院を卒業後、自動車メーカーに就職した後にわずか8か月で退職し、第二新卒で外資系コンサルティングファームへと転職することができました。

 
本記事では、そんな僕がコンサルティングファームに転職を目指す方に向けて、ロジカルなエントリーシートの書き方のコツをご紹介します。

本記事のまとめ
  • 外資系コンサル転職におけるエントリーシートの位置づけ
  • エントリーシートに記載すべき具体的な内容
  • ロジックの組み立てを考慮したエントリーシートの書き方
スポンサーリンク

コンサルのエントリーシートは面接を見越してロジックを組み立てるべき

Pexels photo 439416

外資系コンサルティングファームへの転職の場合、選考するのは現役のコンサルタントです。

ご存知の通り、コンサルタントは論理的思考、つまりロジックを重視する職業です。

そのため、エントリーシートの審査や面接においても、志望者がロジカルに物事を考えることができるか審査しています。

特にエントリーシートでは、志望者の顔や表情が見えないので、どうしてもロジックが重要視されます。

 
仮に面接による選考まで進むことが出来れば、コンサルタントと対面で話すことができるので、多少の挽回は効くでしょう。

相手は人間なので、感情的に思いを込めて話すことも、決して不正解ではありません。

よって、エントリーシートは質問に対して答える選考、面接は熱意や思いを伝える選考、というように、戦略を分けて考えるべきでしょう。

 
何よりも、エントリーシートだけではなくて、自分の言葉で紙に書けないことは、口では話せません。

エントリーシートを準備する過程で、ロジックを組み立てて書き出し、口に出して話してみて、アウトプットの練習をすると良いでしょう。

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサル転職の志望動機はMECEでロジカルな書き方がコツ
 

外資系コンサルでは変な御託より給料を上げたいのほうがロジカル

Fabian irsara 92113

外資系コンサルティングファームは、未経験者であっても門出が開かれている転職先です。

そのため、コンサルタントは幅広い業種の志望者と接することととなります。

 
その上で、なぜコンサルティングファームへの転職を望むのか、ロジカルに説明する必要があります。

コンサルへの転職によって生まれるものと、前職を離れることでなくなるものは、当然比較対象になります。

それらを比べた上で、コンサルへの転職で新しく得られるものを望む理由について、きちんと筋道立てて説明することを心がけましょう。

 
StockSnap VPSD8JT149

そもそも転職を望むのは、現在の仕事に不満を抱えていたり、転職によって実現したい目標があることでしょう。

そして、不満が解消された状態と現在に優先順位をつけて、収入や条件を考慮した結果、コンサルティングファームへの転職を選んだのだと思います。

コンサルティングファームの転職における選考では、実際に起きた事実や経験など、ファクトに注目するため具体的な行動を問われます。

変に嘘をついて綺麗事を並べるよりも、「給料を上げたいのでコンサルに入りたいです」と言い切ってしまった方が、遥かに論理的でロジカルです。

 

以降では、より具体的に、ロジカルなエントリーシートの書き方をご紹介していきましょう。

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサル経験者が「成長が早い」「優秀」と言われる理由とは
 

スポンサーリンク

エントリーシートを起承転結の物語調で書かないこと

Girl kids training school 159782

ロジカルシンキングの基本は、結論から先に言うことです。

エントリーシートでも同様に、まず結論を先に掲示して、大きいテーマから小さくしていくことを心がけましょう。

最後にもう一度、始めの結論を言い換えたまとめがあると、さらに良しです。

 
よくある悪い例として、「さらに」や「しかし」といった言葉を多用して、エントリーシート全体を起承転結のある物語調にしてしまうことが挙げられます。

エントリーシートの各項目は、よくても数百文字でまとめることがほとんどです。

そのため、まず初めに一言で表せる一つの結論をドン!と掲示し、それに付け加えていくイメージが大切です。

 
そもそもエントリーシートは、選考においてサラッとしか読まれないことがほとんどです。

結論を先に示し、始めに言いたいことを書いた方が、相手の記憶に残ります。

ロジカルシンキングの基本を抑えることができれば、その後の言葉も理解しやすくなり、「結局何が言いたいの?」と思われにくくなります。

 
さらに、エントリーシートを書きながら自分自身も何が言いたいのか、整理してわかりやすくなります。

 

エントリーシート内における登場人物をはっきりさせること

Pexels photo 236171

次にロジカルさを増すための方法が、あなたや前職の上司、会社やお客様など、登場人物をはっきりさせて書くことです。

 
例えば、今の世間には何が問題になっていて、いち企業であるコンサルティングファームには何が求められていて、所属するコンサルタントには何ができるか。

私の意見、私のしたいこと、私の学びたいこと。

コンサルティングファームの業務、コンサルタントの役割、クライアントの課題。

 
このように、全ての項目で主語をはっきりさせることができれば、ロジカルさが増し、エントリーシートの説得力が増すはずです。

 
これがあいまいだと、エントリーシートの読み手としては、話があっちこっちに行ったり来たりして、結局どうなったのかわからなくなってしまいます。

王道の書き方として、自分自身が誰かの課題に対して、どう考えて、なぜそういう行動をとって、克服した!

というように、ステークホルダーが明確な書き方を心がけましょう。

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサルへ就職を目指す人が読むべき本のご紹介
 

仕事内容そのものではなく行動に基づいたロジックを組み立てること

Pexels photo 385236

コンサルタントの仕事は、常になぜ?なぜ?の繰り返しです。

そのため、エントリーシートにおいても結論→理由のループをひたすら繰り返して、理論武装を固める必要があります。

なぜコンサルティングファームへの転職を望むか。

なぜこの職種か、なぜこのファームか、なぜこの時期か。

自分がコンサルティングファームで実現したい事は何なのか、なぜコンサルでそれを実現するのか。

 

前職の仕事内容など、履歴書を充実させるためのキャリアパスについては、あまり重要視されないことが多いです。

本当に重要なのは、どういったロジックで物事を考え、その瞬間に何をどう思って、具体的にどう行動を起こしたかです。

 
具体的な行動と言いますが、自分のやってきたことについて、全てをエントリーシートに書くことは不可能です。

さらに物語調だとロジカルさが無くなるので、エントリーシートでは要所だけ摘んでおき、細かい点は面接の中で話すべきです。

過去の行動についてエントリーシートに記載すべきなのは、行動の結果や身に付いた能力です。

もしも面接まで進むことが出来たならば、そこで初めて細かい経緯や感情面を伝えると良いでしょう。

 
合わせて読みたい>>>> ブラック企業が転職活動を邪魔する賢い方法が「残業」です
 

外資系コンサルティングファームではロジカルなエントリーシートを心がけよう

Pexels photo 289825

僕は日系の大手自動車メーカーから外資系コンサルティングファームへと転職し、全てにおいてロジックを重視する社風の違いにとても驚きました。

本記事でご紹介したように、外資系コンサルティングファームへの転職を目指す場合には、ロジカルに少しだけ気を配って、エントリーシートを作成することをおすすめします。

 
すぐにコンサルティングファームへ転職する気がなくても、転職サイトにだけは早めに登録しておくことをおすすめします。

外資系コンサルへ多くの転職実績があるエージェントであれば、エントリーシートの添削や面接のアドバイスを通じて、心強い味方となってくれることでしょう。

たとえば、会員制転職サービスのビズリーチならば、外資系企業にも多くのコネクションを持っています。

 
仕事でのストレスや不満が溜まってきてしまうと、疲れもあって、負のループから抜け出せなくなってしまいます。

やる気や元気があるうちに、そして少しでも若さを活かせる早い時期に、エージェントに相談してみることをおすすめします。

 
こちらの記事では、僕自身が第二新卒で転職した事例をご紹介しております。

 
日々の仕事に悩んでいる方、外資系コンサルへの転職を目指している方は、ぜひ一度ご覧ください。

 
僕の転職事例はこちら>>>> 第二新卒で自動車メーカーから外資系コンサルタントへ転職
 

 - キャリア