初めての海外旅行にはシンガポールがおすすめ

      2018/08/08


「はじめての海外旅行に行ってみたいけど、どの国がいいのかな?」
「シンガポールへの旅行に興味がある!」
「ツアーは高いけど、英語も出来ないし、不便なのも嫌だ…」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。

今でこそノマドを名乗っている僕ですが、初めてひとりきりで海外旅行に行ったときのことは、本当に忘れられません。

IMG 0734

その時の目的地こそ、シンガポールとマレーシアでした。

この2カ国を選んだのには、きちんとした理由があります!

本記事のまとめ
  • シンガポールに旅行すべき理由がわかる
  • 初めての海外旅行の不安がなくなる

これから海外に行ってみたいな・・・

という海外旅行初心者にとって、シンガポールという国は、とてもおすすめできる国です!

これには、LCC(格安航空会社)が飛んでいて飛行機が安いという点もあるのですが、きちんとした理由があります!

IMG 1433

さて、皆さんは何のために海外旅行に行きますか?

・カッコイイ、カワイイ写真を撮りたい!
・美味しいご飯を食べたい!
・なんとなくチャレンジをしてみたい!

人によってモチベーションは様々だと思いますが、僕はなるべく早い段階でシンガポールに行くことで、その後の海外旅行への考え方、さらには人生観がより良いものとなる!と断言できます。

シンガポールは、リークワンユーという指導者の下、建国からわずか半世紀という短い期間で、何もない島国から先進国まで成り上がった国です。

様々な文化や言語が混ざり合って、外国にきた〜〜!!という気分を盛り上げてくれること、間違い無しです。

一方で、そんなシンガポールだからこそ、海外旅行初心者でも優しく、自分のためになる旅行ができる環境が整っているのです。
 
本記事では、シンガポールを初めての海外旅行におすすめする理由について、実例を交えてご紹介していきます!

スポンサーリンク

シンガポール旅行が快適である理由

初めての海外旅行となると、とても不安な気持ちでいっぱいだと思います!

・きちんと目的地まで着けるだろうか?
・言葉は通じるだろうか?
・日本とは違って不便なことはないだろうか?


シンガポールでは、そんな心配はありません!

正確に言うと、やはり海外なのである程度は英語などの必要性は出てくるでしょう。

ですが、他の国々を旅行するのに比べ、シンガポールは治安も非常に良く、ストレスなく旅行できると言えます!

初めての海外旅行では、まず不安な気持ちを持つこと無く、快適に旅行ができる国を選ぶことが、何よりも大切です。

ここでは、僕がシンガポールを勧める理由をご紹介します。

鉄道が非常に発達している

IMG 0661

シンガポールは東京23区ほどの、非常に狭い国です。
シンガポールという国の中には、シンガポールという市しかないイメージです。

そのため、日本のようにJRや私鉄など、複数の路線が難しく絡み合っていることはありません。

にも関わらず、鉄道自体は非常に発達しているので、市内であればどこでも便利に移動することができます。

空港も一つしかなく、鉄道駅が空港の地下にあるので、簡単に市内に出ることもできます。

また、駅名も付近の有名な観光地などの名前になっているので、旅行者でも迷うこと無く利用することができます。

行き先がわからなくなってしまうのは、海外旅行における大きな不安のひとつです。
もしも移動手段がバスならば、何時にバスが来るのか、どこにいくのか、わかりにくいことが多いです。

その点、旅行者にも優しい鉄道が便利に発達しているというのは、非常に安心できるポイントでしょう!

日本人なら漢字と英語の両方が認識できる

IMG 0714

さて、海外旅行をすると避けて通れない問題が、英語です。
シンガポールの公用語は、英語です。

具体的にはシングリッシュと呼ばれるように、若干の訛りや文法の違いはあるでしょうが、ほぼ全員が英語を話します。

英語がペラペラ話せるのであれば、全く問題ないのですが、そんな人ははじめから旅行に不安などないでしょうね。

その点、旅行者という立場に立ってみると、シンガポールは大丈夫です。

有名な観光地であれば、日本語の案内が書いてあったり、日本語のメニューが置いてあることが多いからです。

また、中華系の華人の多い国という側面から、中国語と英語が併記されていることもあります。

そのため、簡単な英語を理解するか、わからなくても中国語の漢字を見れば、なんとなくの意味を感じ取ることができます!

快適・清潔な空港やバスが便利に利用できる

DSC02190

シンガポールのチャンギ空港は、世界一快適な空港に選ばれています。
空港の中はとても清潔に保たれており、設備面においても待合客を退屈させない、様々な工夫がなされています。

DSC02191

LCCも非常に多く飛んでおり、世界各国に飛び立つことができます。

シンガポール自体は非常に小さな国なので、二・三日程度観光を楽しんだ後、他の国へ飛び立つ、トランジットの合間の旅行にも最適です。

IMG 1634

また、バスでマレーシアの各都市に行くこともできます。

この場合、陸路で国境を超えることになります。

IMG 1642

気になるバスについてですが、乗っていても非常に快適です。

座席も広く、3列の高速バスといったところです。

日本という島国では決して味わうことができない、陸路での国境越えにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

小さな国の中に存在するいくつもの文化

シンガポールはとても小さな国ですが、その中にも様々な人々が文化を守りつつ暮らしています。

初めての海外旅行では、多種多様な文化に多く触れることで、感受性を豊かにすると良いでしょう。

ここでは、シンガポールたった一カ国の中で感じ取ることができる、それぞれ異なった文化の側面をご紹介します。

世界屈指の先進国

IMG 1432

シンガポールといえば、アジアひいては世界的にも類を見ないほど、豊かな国です。

アジアの中枢として、多くのグローバル企業の支社が置かれています。

超高層ビルが建っていて、不動産をはじめ物価もトップクラスに高いです。

IMG 1248

ここはシンガポール屈指のオシャレ通り、オーチャードロードです。
日本のデパートや本屋もあります。

国民の生活レベルや街の清潔さを含めて、東京にいるのとほぼ変わりません。

IMG 1278

さらには、AKBのショップまであります。

もはや東南アジアにいることを忘れてしまいそうですね・・・

華人の持ち込んだ文化

IMG 1126

シンガポールは、華人と呼ばれる中華系の人々が、マレー半島から独立する形で生まれた国です。

したがって、街を歩いていると漢字やお寺を頻繁に見かけますし、歩いている人も日本人にそっくりです。

真っ赤なお寺の中には、大仏もいて、国民も熱心にお経を唱えています。

IMG 1150

日本のお寺に比べ、シンガポールのお寺はド派手で見ごたえがあります!

お経を聞くのも心が洗われる感じがするし、日本とは違った迫力があります。

リトルインディア

IMG 0995

シンガポールには、インドからの移民も多く住んでいます。

彼らの住むリトルインディアと呼ばれる地域は、地下鉄の駅の名前にもなっています。

リトルインディアでは、インドから持ち込まれた文化を多く目にすることができます!

チャイナタウンでは仏教のお寺だったのに、リトルインディアではヒンドゥー教のお寺が多くなります。

IMG 0971

リトルインディアの道を歩いていても、街の雰囲気や看板の文字など、スパイスやお香の香りなど、インドにいるのと錯覚をしてしまうほど。

決定的な違いは、本場に比べて道が非常にきれいなことでしょうかね笑

 
この他にも、マレー系の民族が発祥のイスラム教の文化など、シンガポールという一つの国の中でも、多くの文化に触れることができます!

せっかくの海外旅行なのですから、一度でたくさんのことが知れて感じられる旅行にしてみると、今後の人生が豊かになるのではないでしょうか?

合わせて読みたい>>>> 旅行のスキルと仕事の能力は直結する

スポンサーリンク

安全かつ種類が豊富な美味しい食事

IMG 0790

海外旅行の楽しみといえば、やはり食事です。

せっかく初めて海外旅行に行くのですから、今まで食べたことのない、色々な美味しいものにチャレンジしてみたいですよね!

シンガポールの国民食といえば、チキンライスです。
柔らかい鶏肉と甘辛いタレを絡めて、鶏のエキスで炊かれたごはんと一緒に口に運べば、それはもう絶品ですよ。

IMG 1511

こちらはバクテー
豚肉を薬膳と共に煮たものです。
健康になりそうな味! 

IMG 0900

肉の串焼きを、サンバルと呼ばれる辛いソースにつけて食べる、サテです。
マレー系のレストランで食べることができます。
インドネシアやマレーシアでも見ることが出来ますね!

IMG 0973

変わって、こちらはインド料理。
鶏肉とスパイスをお米と一緒に炊いた、チキンビリヤーニというピラフのようなものです。

ご想像どおり、リトルインディアで食べることができます。

IMG 1083

シンガポールは熱いので、アイス・カチャンというかき氷はいかがでしょうか?
カラフルなシロップと、小豆がかかっています。

 
また、シンガポールは南国なので、周辺国から入ってくるフルーツも美味しいですよ!

見どころがいっぱいの観光スポット

さて、海外旅行に来たからには、やはりどこかに観光したいですよね。

確かに国土の狭いシンガポールですが、観光スポットが非常に充実しており、初めての海外旅行でも満足できること間違い無しです!

IMG 0639

まず、飛行機に乗っているときからテンションがあがります。

上空から、マラッカ海峡を通る通関待ちの船の大群が、ずらーーーっと見えるんです!

これは圧巻!!

IMG 1424

続いては、はい、有名なマーライオンですね。
普段はあまり見ない角度から失礼します。

マーライオンが見つめている先には、これまた有名な船の乗ったホテル、マリーナベイサンズがあります。

IMG 1474

マリーナベイサンズを下から見上げてみると…
デカイです!!

落ちてきそうで怖い。

IMG 1358

中はヴェネツィア風のショッピングモールになっていて、宿泊客以外も利用できます。

フードコートもあるので、食事を取ることも可能です。

有名ブランドショップばかりかと思っていたのですが、そんなことはなく、庶民的な店も入っているので、誰でも楽しめると思いますよ。

IMG 1384

サンズグループなので、カジノがあります。
結構ラフな服装でも出入り出来る感じです。

中は撮影厳禁ですので、一発当てたい方はどうぞ。

IMG 1398

さて、マリーナベイサンズの上にある船は、プールになっています。

よくメディアで見かけるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

このプールはホテルの宿泊客しか入場できないのですが…
ビジターでもチケットを購入すれば、プールの先端にある展望台に行くことが可能です!

IMG 1416

上から見える景色はお楽しみに。
覗く形にはなりますが、プールの方も見ることが出来ましたよ!

IMG 0816

こちらは、クラークキーと呼ばれるエリアです。
川沿いのオシャレなレストランが並んでいます。

IMG 0927

予算もそこそこお高めですが、雰囲気がとても良いので、素敵なディナーに最適です。

なるべく早いうちにシンガポールに行くことが人生を豊かにする

IMG 0700

シンガポールに行くと、その後の人生が豊かになる

大げさかもしれませんが、僕は本当にそう思います。

いきなりですが、現代を生きる子どもたちの65%は、大学卒業後に、現在の世の中には存在していない職業に就くそうです。

僕たち自身だって、今後どうなっていくかはわかりません。
今勉強していること、就いている仕事だって、いずれなくなってしまうかもしれません。

 
シンガポールという国は、リークワンユーという指導者の下、何もない島国からわずか半世紀でここまでの先進国に成り上がった国です。

それを成し得たのは、貪欲さを持った優秀な人材が集まり、中国語のバックグラウンドがあって、英語による教育が受けられたからでしょう。

その時にベースとなったのは、ここまで紹介してきたような多種多様な文化、英語と中国語の二ヶ国語を操る言語力、国外のお金を呼び込むための戦略です。

 
こういった雰囲気に触れることこそ、海外旅行の醍醐味ではないかと思います。

そして、これこそ僕が多くの人に、少しでも早いうちにシンガポールに行って欲しいと思う理由になります。

気になる方は、是非リークアンユーについて調べてみてください。

彼の思考や国家戦略を知った上で、シンガポールの現地に足を運ぶと、より多くのことを学ぶことが出来るでしょう。

 
 

 
実際にシンガポールに足を運んだ体験記は、以下の記事からご覧いただけます。
僕なりに安く滞在した体験を記載しています。

 
合わせて読みたい>>>> LCCスクートはビジネスクラスでもシンガポールを格安で旅行できる

また、シンガポール以外の東南アジアの国についても言及しています。

 
合わせて読みたい>>>> 東南アジアの経済発展と幸福感を日本に取り込む

少しでも多くの人が、シンガポールに足を運んでくれますように!!

シンガポールの宿を検索する【エクスペディア】

 - キャリア, ノマド生活 ,