プレゼンを得意にするにはフレームワークの活用がコツ【パワポ資料作り】

      2018/08/31


「仕事で発表をすることになったけど、プレゼンを得意にするコツはなんだろう」
「プレゼンのスライド作りが苦手だ、何か良い方法は無いものか…」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、デジタルノマドのTEN(@02smwhere)です。

僕は外資系コンサルティングファームで働いていたため、仕事でもプレゼンの機会が非常に多くありました。

そこで本記事では、パワーポイントを始めとするプレゼンにおいて活用される、有効なフレームワーク(骨組み、構造)をご説明したいと思います。

本記事のまとめ
  • “SCQ”というプレゼンのストーリーを考えるフレームワーク
  • ロジカルシンキングを利用してパワポのスライドを作成する方法
スポンサーリンク

プレゼンのコツは”SCQ”でストーリーを考えること

StockSnap C2N64OP21L

まずはじめに、プレゼンテーションの準備をするにあたって、いきなりパソコンに向かってはいけません。

紙に書き出すなどして、きちんとストーリーを構築し、何のためにプレゼンテーションを行うか考える必要があります。

その際に有効なフレームワークが、“SCQ”と呼ばれるものです。

 
Situation:1.取り巻く状況を把握させる

Complication:2.把握した状況を変化=複雑化させる

Question:3.変化させた状況に疑問を投じる

プレゼンの初めでは、誰しもがイメージしやすい状況(Situation)を提示するとよいでしょう。

ここで観衆の共感を得ることで、親近感や興味を持ってもらうことに繋がります。

次に行うことが、状況の複雑化(Complication)、すなわち初めに定義した状況を違う目線で変化させます。

状況の一部にスポットを当てることで、問題提議前のワクワク感を引き出します。

以上を踏まえて、変化した状況の中から問題提議(Question)を行います。

 
このように、“SCQ”の順番でストーリーを組み立てることができれば、自身のプレゼンへ一気に関心を向けることができます。

そして、これらのプレゼンのストーリーを補助する形で、視覚に訴えるロジカルなスライドを作成していきます。

 
合わせて読みたい>>>> 議事録の書き方のコツを会議の順を追って解説する
 

パワポのスライド資料作りはロジカルシンキングがコツ

Pexels photo 70292

品質の高いスライドを作成する方法としては、ロジカルシンキングを用いるのも、非常に効果的です。

ロジカルシンキングとは言っても、以降に説明する方法であれば、決して難しくはありません。

例えば有名なのは、漏れなくダブりなく(MECEに)、結論から先に述べて、各事象に順番をつけていくような、ピラミッドアプローチと呼ばれる方法です。

 
OOK82 gurafuwoyubisasu20131223 TP V

パワーポイントの資料であれば、まずスライドのメインメッセージとして、大きな文字で問いへの答えであったり、全体のサマリを掲示します。

 
さらにそのメッセージを効果的に示すために、箇条書きを効果的に用いるのも良いでしょう。

なぜそう思うのか、などの理由を三つ程度、箇条書きでメッセージに添えるだけでも、説得力が大きく増します。

他にも、数字を裏付けるデータのグラフなど、視覚に訴えるボディを持ったスライドを添付するのも、コンサルタントがよく用いる方法です。

 
以降では、より具体的なスライドの作成方法のフレームワークをご説明いたしましょう。

 
合わせて読みたい>>>> パワポの資料作成とプレゼンで思考整理するコツとは
 

スポンサーリンク

フレームワークに沿ったスライド作りがプレゼン成功の秘訣

Kristina flour 185592 unsplash

ロジカルなスライド作りでよく用いられるフレームワークが、KISSの法則です。

KISSとは”keep it simple and short“の略で、つまり1スライドには1メッセージまで、情報を絞って表現すべしという考え方を示しています。

1スライドのメッセージを一つに絞り、そのメッセージを補填する形で図やイメージを構築していくのが、具体的なスライドの作成方法になります。

 
スクリーンショット 2017 11 04 13 17 34

例を挙げると、上の図で示すように、Why so? So what?の関係で成り立つ、メッセージとボディの関係を考慮すると良いでしょう。

メッセージラインには、「事実」もしくは「意見」を目的に応じて使い分けながら、シンプルで伝わりやすい一文を書きます。

「〜数は〜年をピークに減少している」などのように、数字に基づいた事実を掲示すると、明確なメッセージになります。

よくありがちな誤りとして、「〜数の推移は以下の通り」のように、ボディのデータをそのまま掲示するだけのスライドになっていることがあります。

これではスライドを通じて、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいますね。

 
サブの構成要素であるボディーには、表や定性的な情報・集計結果など、メッセージを裏付けるデータを掲示します。

以下に、よく用いられるボディーの要素を示しておきます。

 
表:並べる順番に意味をつける、単位や左右を揃える、重要な部分はハイライトするなど工夫ができる

グラフ:ボリューム、構成比、トレンド、推移、傾向などを視覚的に示せる

概念図:情報の流れ、階層、フレームワーク、フローチャート、循環、ピラミッド、関係図(拡散・集約)、分数、重なりなど、人間の思考を整理できる

テキスト:考え方、ロジックなどの提言内容を強調したり、箇条書きや他の表現を組み合わせるてグラフの補助をするなど、日本語でダイレクト・明確に他の要素と相乗効果が狙える

このように、スライドで一番重要なメッセージラインを補助する形で、ボディを連携させると良いでしょう。

 
合わせて読みたい>>>> パワーポイントでプレゼン発表用スライドを爆速で作るコツ
 

外資系コンサルのフレームワークを学んでプレゼンを得意にする

Pexels photo 267491

本記事では、フレームワークを利用したプレゼンテーションを行うコツについてご紹介してきました。

外資系コンサルティングファームで働いていると、このようなフレームワークを学ぶ機会にとても恵まれます。

もし自分のビジネススキルを高めたい方は、ぜひ一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 
学生の方であれば、ビズリーチ・キャンパスなどを利用して、大学や学部などの共通点から、コンサルタントの先輩に相談してみると良いでしょう。

遠方の大学であれば、スカイプでのオンライン相談も対応できるなど、気軽に相談できるシステムも整っています。

 
こちらの記事では、僕なりに新卒の就職の考えをまとめておりますので、ぜひご参照ください。

 
合わせて読みたい>>>> 新卒の就活ではベーシックスキルが身につく企業を選ぶべき
 

 
また、社会人として外資系コンサルティングファームへの転職に興味がある方は、早めに一度転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

会員制転職サービスのビズリーチならば、コンサルティングファームにも多くのコネクションを持っていますし、企業からスカウトが届くこともあります。

少しでも若くてたくさんのことが学べる時期に、そしてやる気や元気があるうちに、たくさんのことが学べる業界へチャレンジしてみてください。

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサル経験者が「成長が早い」「優秀」と評価される理由とは
 

 - データ分析