HashFlareのクラウドマイニング投資実績と使い方説明【仮想通貨】

      2018/12/08

こんにちは、TEN(@02smwhere)です。

僕は仮想通貨取引において、現物取引とのリスク分散を考えて、クラウドマイニングを行っています。

サービスとしては、大手のジェネシスマイニングや、終了してしまったSunMiningを並行して利用し続けてきました。

 
そして最近、ジェネシスマイニングに並ぶ有名サービスであるHashFlareに投資してみたところ、ビットコインが順調にマイニングがなされていることを確認できました。

そこで本記事では、HashFlareの登録方法やハッシュパワーの購入方法、現在に至るまでの利益をお伝えします。

当たり前ですが、投資はあくまで自己責任でお願いいたします!!

 

スポンサーリンク

クラウドマイニングのリスク分散とHashFlareがおすすめの理由

StockSnap VPSD8JT149

すでにご存知の方も多いと思いますが、仮想通貨を手に入れる方法は大きく2種類あります。

 
ひとつは、多くの方が行なうように、現物を取引所で売買する方法。

もう一つは、コンピュータにマイニングと呼ばれる計算をさせて、その報酬として通貨を受け取る方法です

 
しかし、このマイニング作業に求められるスペックのコンピュータであったり、膨大消費電力を考えると、個人ではとても採算が取れません。

そこで人気があるのが、クラウドマイニングと呼ばれるサービスです。

 
StockSnap BSALH690F5

クラウドマイニングにおいては、マイニングを事業とする企業からハッシュパワー、つまりコンピュータの計算能力を購入し、仮想通貨を報酬として入手します。

 
業者によっては少額から投資可能であり、チャートを気にせず毎日一定量の不労所得が得られるため、人気の高いサービスです。

 
クラウドマイニングを提供している業者としては、ジェネシスマイニングが大手であり、非常に人気があります。

※紹介コード” PgR6Uw “を入力することで、購入時に3%の割引を受けることができます。

 
しかし、ジェネシスマイニングはあまりの人気さ故に、ハッシュパワーの売り切れ状態が続いています。

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 21 31

そこで新たに投資することにしたのが、今回ご紹介するHashFlareです。

HashFlareはイギリスに拠点を構えており、ジェネシスマイニングともよく比較される大手クラウドマイニングサービスです。

 
仮想通貨は胡散臭いサービスも多いですが、HashFlareについては、検索すると国内外問わず多くの情報が確認できました。

そのため、比較的安心できるサービスであると考えております。

 
※クラウドマイニングについては、以下の記事にも詳細をまとめております。

 
合わせて読みたい>>>> 仮想通貨投資のリスク分散にクラウドマイニングがおすすめの理由とは
 

クラウドマイニングサービスHashFlareの登録方法と使い方

スクリーンショット 2018 04 26 18 21 43

ここからは、実際にHashFlareでクラウドマイニングを行う方法をご説明していきます。

公式サイトに飛ぶと、まずはじめにアカウント登録の画面になります。

若干怪しい部分もありますが、日本語化されているので、スムーズに情報入力ができました。

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 22 03のコピー

アカウント登録を済ませると、確認メールが送信されてきます。

本文中のリンクをクリックすると、HashFlareへの登録は完了です。

早速ハッシュパワーを購入して、クラウドマイニングを開始していきましょう。

 

スポンサーリンク

HashFlareのウォレット設定とハッシュパワー購入方法を説明

スクリーンショット 2018 04 26 18 22 52

まずはじめに、HashFlareからマイニング報酬を受け取るため、メニューからウォレットを設定しましょう。

“設定”をクリックすると、それぞれビットコイン、イーサリアムなど、各通貨を受け取るアドレスが登録できます。

 
クラウドマイニングによって発掘された仮想通貨は、一定額を超えると自動的にこのアドレスへ送金される仕組みになっています。

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 24 01

次に、HashFlareの販売するハッシュパワーを購入して、クラウドマイニングを開始します。

 
ビットコインをマイニングするのであれば、“SHA-256”を選択。

イーサリアムをマイニングするのであれば、“ETHASH”を選択して、スライダーを動かしていきます。

他にもライトコイン、DASH、Zcashが選択可能です。

 
受け取ることができる利益は、ハッシュパワーの大きさに依存します。

そしてもちろん、購入するハッシュパワーが大きいほど、金額は大きくなります。

(価格については、後述します)

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 26 11

支払いはクレジットカードも利用可能なようですが、日本からうまくいった事例はあまりないようです。

僕も数回クレジットカード払いを試みましたが、途中で弾かれてしまいまいした。

無難にビットコイン払いが一番良いと思います。

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 26 59のコピー

ビットコイン払いでは、表示されるアドレスに購入金額を送金します。

注意点にもありますが、手数料などを考慮して、HashFlare側に着金する金額が正しくなるように気をつけてください。

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 50 01

Congratulations!と表示されれば、ハッシュパワーの購入は完了です。

途中で中断してしまった場合にも、“履歴”からプロセスを再開することができます。

 

HashFlareの仮想通貨投資実績を公開

スクリーンショット 2018 04 26 18 26 00のコピー

ここからは、僕自身のHashFlareにおけるハッシュパワーの価格と、報酬の実績をお伝えします。

 
僕がハッシュパワー購入したときは、キャンペーン中だったので、ビットコインマイニング用のSHA-256を8TH/s、384USDで購入できました。

 
HashFlareでは、このようなキャンペーンを不定期で行っているようです。

 
スクリーンショット 2018 04 26 18 24 49

そのため、まずは事前にアカウント登録だけしておいて、キャンペーンが実施されたらハッシュパワーを購入しても良いと思います。

早めに登録しておけば、キャンペーン開始時にもHashFlareからメールで通知されます。

 
スクリーンショット 2018 05 09 18 35 30

2018年5月上旬において、ハッシュパワー1TH/sあたりで得られるビットコインは、およそ0.00006BTC前後でした。

メンテナンス料やマイニングの難易度上昇を考慮しなければ、半年を待たずして元が取れてしまう計算のようです。

 
スクリーンショット 2018 05 09 18 35 47

HashFlareのプランは1年契約であり、このように毎日ビットコインの配当が続きます。

しかし、ここから更にメンテナンス料が一定割合差し引かれるので、注意してください。

 
スクリーンショット 2018 06 04 15 32 45

僕自身の日々の配当と、残高の推移はこんな感じです。

8TH/sのハッシュパワーで、およそ0.0001BTCの配当。

 
このまま順調にマイニングが行われて、現物価格が上昇すれば、十分元は取れそうです。

そもそもの発端がリスク分散なので、あまり気にしてはいませんが、ものすごく損をするわけでもないみたいです。

 
また、残高はアカウントに紐付いて溜まっていって、引き出しするか、ハッシュパワー購入の再投資に回すことができます。

 

仮想通貨投資ではHashFlareのクラウドマイニングがおすすめ

William iven 8515

ご存知の通り、仮想通貨は非常に価格変動の激しいものです。

一方で、僕は昨年からクラウドマイニングを開始しておりますが、配当される仮想通貨の枚数自体には、体感的にはあまり変化は見られないように思います。

そのため、現物の市場全体が下がっている時でも、一定量が決まって入ってくる副収入があることで、リスク分散に繋がったと考えております。

 
クラウドマイニングは詐欺じみた業者も散見されますが、HashFlareは知名度も実績もあり、安心して投資できています。

皆さんも仮想通貨取引における選択肢の一つとして、クラウドマイニングを考えてみてはいかがでしょうか。

キャンペーンの実施や、ハッシュパワー自体が売り切れる可能性もあるので、興味のある方はぜひ検討してみてください!

 
登録はこちらからどうぞ!

 
HashFlare

 

 - 未分類