【2017年12月】旅人が知るべき最新ニュース一覧

      2018/12/08

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。

本記事では、本業はバックパッカーを自称するこの僕がpickした、世界を旅する人が知るべき最新ニュースをご紹介していきます。

世界を旅するノマドにとって、日々刻々と変わっていく世界の情勢を知ることは、非常に大切なことです。

今回は第三弾!

 
【2017年11月後半】旅人が知るべき最新ニュース一覧

 

スポンサーリンク

ブッキング・ドットコムが「民泊」で日本参入

ブッキング・ドットコムに掲載されている日本のホテル・旅館・ビジネスホテル・ホステルとともに、民泊施設が選択肢の一つとして比較検討できるようになる。

出典元:ブッキング・ドットコムが「民泊」で日本参入、楽天と提携、国内の民泊物件を旅館・ホテルと比較検討を可能に - トラベルボイス –

 

毎回思うんですけど、いまの旅行って数日間の滞在が基本になってしまってますよね。

気に入った街であれば、数ヶ月とか滞在したいなーってことも、ニーズとしてありえると思うんです。

 
これからノマドワーカーが増えてくると、こういった宿泊需要が増えてくるのではないかと。

現状はAirbnbを見れば、長期滞在向けの部屋を探すことができます。

ブッキングドットコムはホテル中心の予約サイトですが、たしかに民泊も同時に見られるようになれば便利ですね。

 
合わせて読みたい>>>> テクノロジーやサービスの進歩が海外旅行へのハードルを下げてくれた
 

Googleマップが、電車やバスを降りる時を知らせてくれるようになる

われわれが理解したところによると、Googleマップはバスや電車が目的地に近づくと、そろそろ降りるようにと利用者を促すらしい。これは、初めて行く場所では(あるいは眠いときに)間違いなく便利だ。

出典元:Googleマップが、電車やバスを降りる時を知らせてくれるようになる - TechCrunch Japan –

 

海外旅行で移動していると、常に不安がつきまといます。

こっちの方角で目的地は正しいのか?
運転手に自分の意図は伝わっているのか?

Uberの登場によって、そんな不安や煩わしさも少なくなりました。

料金も普通のタクシーより安いか、同じくらいで済むことが多いですし、アプリ上で目的地の入力や支払いを済ませるので、運転手と言葉を交わす必要すらありません。

 
一方で、電車やバスなどの公共交通機関を利用することも多いものです。

海外でも頻繁に利用するGoogle Mapが、乗り降りする場所を知らせてくれるようになれば、利便性が高まることは間違いありません。

 
安心して寝てしまうのも、治安という点からすれば問題ではありますが…

 
合わせて読みたい>>>> トルコでぼったくり被害にあって大使館と警察に行った話
 

スポンサーリンク

過剰な「中国スゴイ」論に物申す スマホ決済、無人コンビニのトホホな現実

もちろんスマホ決済のニューエコノミーにはスゴイ部分もあるんですが、実際に現場を見ろ、全体を見ろよと言いたくなる。例えば、顔認証機能で盗難を防止してスマホでお金を支払う「無人コンビニ」は中国スゴイ論の根拠にされることがありますが、店舗のなかを見てみましょうよ。怪しいパクリ菓子みたいなダメ商品ばかりで、トータルで見れば中国がまだまだの国であることが可視化されています。(中略)少なくとも実店舗での支払手段について、スマホ決済ができる中国は日本よりも進んでいるみたいな話をする人は、スマホ決済をほとんどやったことがないはずです。中国に行かなくても、日本で同じ決済方式のLINE Payを試せばわかることですよ。

出典元:過剰な「中国スゴイ」論に物申す スマホ決済、無人コンビニのトホホな現実 – 文春オンライン –

 
StockSnap GVK5G8BT96

電子マネーでの支払いは、非常に便利で楽ちんです。

僕も普段の日常生活では、財布を鞄から取り出す機会が少なくなりました。

電子マネーやクレジットカードが使えないと、とても支払いが億劫になってしまうほど、なくては欠かさないものです。

 
次世代の決済方法が普及した未来では、世界中のどのお店に行ったとしても、支払いをスムーズに行なうことができるようになるでしょう。

そのため、数年後の旅のスタイルはクレジットカードや両替など、無縁になっているかもしれません。

個人的には、より一層普及が加速していくであろう、仮想通貨に注目しています。

 
合わせて読みたい>>>> 海外旅行好きのノマドが仮想通貨の未来に期待する理由
 

日産・東電 EV実証実験 再生エネ、余れば蓄積

発電量が天候に左右されやすい太陽光発電などによる電力をEVの電池にためておき、必要なときに使える仕組みを確立することで、再生エネとEVの普及を同時に進める狙い。

出典元:日産・東電 EV実証実験 再生エネ、余れば蓄積 – 毎日新聞 –

 
Solar panel array power sun electricity 159397

再生可能エネルギーには出力の変動があります。

日常生活では特に意識することはありませんが、石油や石炭が燃料の発電とは異なり、風力や太陽光には作り出される電力のムラがあります。

 
家の電気やストーブが、付いたり消えたり、急に強くなったら嫌ですよね?

実験では電気自動車を繋ぎ、電力の変動を吸収したり、バッテリーの充電に利用するそうです。

 
最近では再生可能エネルギーの出力変動吸収のために、仮想通貨のマイニングという作業に利用するプロジェクトも立ち上がってきています。

 
合わせて読みたい>>>> SunMiningのクラウドマイニングはコスパ最強・少額投資可能でおすすめ
 

 - 未分類