外資系コンサルでプロジェクトマネジメント(PMO)を経験する意味とは

      2018/09/24


「外資系コンサルティングファームでは、どんなプロジェクトを経験すると良いのだろう」
「プロジェクトマネジメントやPMOって、具体的にどんな仕事をするのかな」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、デジタルノマドのTEN(@02smwhere)です。

僕は大学院を卒業後、自動車メーカーに就職した後にわずか8か月で退職し、第二新卒で外資系コンサルティングファームへと転職しました。

 
本記事では、そんな僕がこれから外資系コンサルタントとして働く方々について、ぜひとも経験して欲しいプロジェクトの仕事内容をご紹介します。

本記事のまとめ
  • PMOのプロジェクトはコンサルタントやビジネスマンのベーシックスキルが身につく
  • プロジェクトマネジメントにおける具体的な仕事内容と成果物
スポンサーリンク

外資系コンサルで経験すべきプロジェクトマネジメントとは?

Remi walle 86579

最近の就活市場では、コンサルティングファームへの就職が非常に人気です。

これから外資系コンサルティングファームへの就職を考える方のうち、多くは”戦略コンサルタントになりたい”と考えているかもしれません。

 
一方でIT系のコンサルタントは、人気という面では戦略系に一歩及ばないことも多いです。

しかし結論から言ってしまうと、個人的に最もコスパが良い経歴こそ、IT系コンサルタントであると考えています。

もちろん、戦略系はエリートが多いですが、ITコンサルタントの経験者であっても、大企業のITや情報システム部門や管理職、ベンチャー企業のCTOだったりと、幅広い職種を選ぶことができます。

 
なぜならば、コンサルティングファームにおけるIT系のプロジェクトでは、システムの構築のみならず、プロジェクトマネジメントの経験を多く積むことが出来るためです。

順を追って、プロジェクトマネジメントを経験すべき理由について、詳しくご説明いたしましょう。

 

外資系コンサルにおけるプロジェクトマネジメントの仕事内容とは

Pexels photo 70292

コンサルティングファームにおけるプロジェクトマネジメントでは、Project Management Officeを略してPMOと呼びます。

PMOでは、ファームやクライアントの持つ各プロジェクトについて、様々なマネジメント業務を担当する役割であったり、その組織体制を構築することが仕事となります。

 
PMOの役割を与えられたコンサルタントは、プロジェクトの進捗や課題管理などを通して数字をレポートし、対外的に示していきます。

こういうのもあれですが、大抵のプロジェクトは当初の計画から遅れることになるので、全体を見通せるPMOが果たす役割はとても大きいです。

 
StockSnap KZVJREFDST

さらにPMOでは、プロジェクトの進捗管理、課題・リスクの管理、人や時間を含むコスト管理、クライアントに納品する成果物の管理などを担当することになります。

そのため、プロジェクト全体の関係者を把握しつつも、様々な人・ドキュメント・仕事に触れることができます。

 
若手であっても、議事録を作成するだけでなく、ファームのパートナーであったり、クライアントの管理職・役員クラスに対して、実際にプレゼンを行なう機会が多いです。

するとPMOの役割を通じて、必然的にデータの分析能力であったり、プレゼン資料の作成スキルが磨かれていきます。

そのため、PMOはコンサルタントとしてだけではなく、ビジネスマンとしてのベーシックスキルを伸ばすためには、まさにうってつけのプロジェクトなのです。

 
若手コンサルタントがコンサルティングの基礎を学ぶ!という意味でもまた、PMOは非常に魅力的な役割であると考えています。

 
合わせて読みたい>>>> 新卒の外資系コンサル就職は戦略よりIT系職種がおすすめ
 

スポンサーリンク

外資系コンサルがプロジェクトマネジメントの役割に必要なスキルとは

Pexels photo 267569

PMOにおけるいちばん重要な仕事が、常に関係各位とコミュニケーションを取り続けることです。

 
例えば、プロジェクトにおける課題とリスクの管理は、PMOの重要な役割の一つになります。

課題とリスクについては、混同されることが多いですが、課題は起きてしまった事象、リスクは今後起きるかもしれない事象のことです。

そのためリスクについては、事前にミーティングのプロセスや、クライアントへ納品する成果物を定義することで、問題が表面化しないように抑えるのも大事な役割です。

解決しなければならない課題についても、発生日や解決目標日はいつなのか、担当者は誰なのか、現在どこまで進んでいるかを把握し、お尻を叩いて作業に当たらせます。

 
Pexels photo 952478

PMOはその名の通り、マネジメントスキルが求められることになるので、人・物・予算などのリソース配分も重要な役割です。

新しく配属されるコンサルタントはどんなスキルを持っていて、いつからいつまでプロジェクトに在籍予定で、チームの負荷状況はどうなっているかなど、管理者と共に把握する必要があります。

さらにクライアントとの関係も重要であり、納品する成果物を管理して、期待値を満たしているか確認し、合意を得ることも仕事となります。

 
プロジェクトマネジメント全体を通じて言えることは、プロジェクトとしてできることはともかく、できそうにない課題や成果物などを修正していく、問題解決力が求められる役割であるということです。

もちろん正確なファイル管理やデータの分析能力と、クライアントに向けた資料作成やプレゼンスキルが求められることも事実です。

 
合わせて読みたい>>>> ビッグデータアナリティクスや機械学習のおすすめ勉強方法とは
 

スキルアップのため仕事の希望はきちんと伝えること

Man person jumping desert

本記事では、外資系コンサルティングファームにおいてプロジェクトマネジメントを経験すべき理由をお伝えしました。

これから外資系コンサルティングファームへの就職を目指す方は、面接官や転職エージェントに対して。自分のキャリアの希望をきちんと伝えてみてください。

 
特定の業界、業務に強いコンサルタントを目指すのも悪くはないですが、今後の様々なキャリアを見据えて、コンサルティングファームに入社することを目指す方も多くいることでしょう。

こういったポストコンサルを考えるにあたっては、卒業後にも役に立つスキルが身につくプロジェクト探しをするべきです。

 
プロジェクトマネジメントでは、一つの役割から様々な経験ができ、多くのベーシックスキルを身につけることができるので、おすすめできる仕事内容です。

 
合わせて読みたい>>>> 外資系コンサル経験者が「成長が早い」「優秀」と評価される理由とは

こちらもどうぞ>>>> 新卒の就活ではベーシックスキルが身につく企業を選ぶべき
 

 - キャリア, データ分析