SunMiningのクラウドマイニング投資実績と利益を公開!

      2018/12/08


※2018年3月26日 追記

残念ながら、SunMiningがサービスを停止してしまいました。

本記事は、過去資料として残しておきます。

 
現在は老舗であるHashFlareを利用して、新たにクラウドマイニングを実施しております。

解説記事はこちら>>>> HashFlareのクラウドマイニング投資実績と使い方説明

こんにちは、TEN(@02smwhere)です。

 
前記事では、再生可能エネルギーである太陽光発電で仮想通貨をマイニングする、SunMiningをご紹介しました。
 
内容はこちら>>>> SunMiningのクラウドマイニングはコスパ最強・少額投資可能でおすすめ
 

本日、初めてSunMiningより配当の送金がありました!

よって投資実績と利益の報告も兼ねて、詐欺案件であるとの疑いを晴らしていこうと思います。

スポンサーリンク

SunMiningは詐欺ではないことが証明された

 
SunMiningのようなクラウドマイニングでは、ハッシュパワーの購入という形で企業に投資を行ない、その配当として仮想通貨を受け取ります。

少額から始めることができ、比較的安定した利益を長期間に渡って得ることができるので、非常に人気のある投資案件になります。

 
しかし一方で、このようなクラウドマイニングの案件は、配当がきちんと支払われない、ハッシュパワーの購入だけさせてページごと行方不明になる…

などなど、詐欺(SCAM)が頻繁しています。

 


SunMiningについても、サイトが突然アクセスできなくなり、SCAMを疑ったことがありました。

 
しかし、まもなくサイトは復旧し、マイニングも順調に行われているようでしたので、安心しました。

事前のアナウンスなどがなかったので、かなり焦りましたが…

 
その後も毎日順調にマイニングが行われ、初期投資よりおよそ10日間にして、イーサリアムの初配当が行われました。

 
以上のことから、SunMiningは知名度こそないものの、SCAMではない可能性が高いでしょう。

きちんと実態のある、新興のクラウドマイニング企業であることが示されたように思います。

スクリーンショット 2018 01 14 16 50 42

公式サイトの住所を見ると、本社はオーストラリアのシドニーにあるそうです。

近年の仮想通貨業界のニュースでは、世界中のマイニングをほぼ牛耳ってきた中国の雲行きが怪しく、北欧やオーストラリアに拠点を移しているとあります。

 
そういった意味でも、SunMiningのオフィスならびにマイニングファームがオーストラリアであることは、大きなリスクヘッジになるのではないでしょうか。

 
SunMiningは大規模なメガソーラーによる電力を利用して、仮想通貨のマイニングを行っているそうです。

詳細な場所などは明らかにされていませんが、オーストラリアの広大な土地で、カンカン照りの太陽エネルギーを有効活用しているのを考えると、今後も伸びしろのあるクラウドマイニング企業でしょう。

 

SunMiningによるイーサリアムマイニングの利益実績

スクリーンショット 2018 01 03 8 32 26

上の図は、SunMiningにおけるクラウドマイニングのハッシュパワー単価を示しています。

簡単に言うと、この数字が大きければ大きいほど、仮想通貨を発掘する力を持っていることになります。

SunMiningではビットコイン経由でおよそ数ドル程度から、かなりの少額でクラウドマイニングへの投資が可能です。

 
特に注目すべきはイーサリアムで、マイニングに必要なハッシュパワーの購入金額と、発掘される仮想通貨の利益によるコストパフォーマンスが、最強クラスです。

大手のジェネシスマイニングなどのハッシュパワーに比べて、なんと半額以下の金額で購入することができます。

 
しかし現実として、マイニング難易度上昇による採掘量の減少や、通貨価格の変動などがあるため、必ずしも計算通りに配当がもらえるわけではありません。

 
そこで自ら身銭を切ったところ、きちんと計算した値とほぼ同額のイーサリアムがマイニングされて、ウォレットへの送金が行われました。

以降では、実際のマイニング実績と、得ることが出来た利益についてお伝えします。

 
SunMiningへの登録方法やハッシュパワーの購入、ウォレットの設定などは、前記事をご覧ください。
 
内容はこちら>>>> SunMiningのクラウドマイニングはコスパ最強・少額投資可能でおすすめ
 

スクリーンショット 2018 01 14 13 33 07

現在僕の保持しているイーサリアム用のハッシュパワーは、77MH/sです。

 
直近の結果だと、2018年1月13日は0.009474ETHを発掘することができました。

この数字は発掘難易度などにより、毎日微妙に変動しています。

 
スクリーンショット 2018 01 14 13 34 41

ハッシュパワーあたりの採掘量を調べることができるサイトに、CryptoCompareがあります。

CryptoCompareを参考にすると、77MH/sで発掘できるイーサリアムは、一日あたり0.008724ETHだそうです。

 
結果論としては、SunMiningは若干多めに採掘してくれたようです。

ビットコインにも投資していますが、同様にCryptoCompareの計算結果と同じくらいの採掘量です。

 
スクリーンショット 2018 01 14 13 27 04

さて、SunMiningにおいてマイニングされた通貨は、一定額を超えると、自動的に自分で設定したウォレットに送金されます。

どれほどマイニングされた通貨が貯まっているかは、Cabinetの”My balance”から確認可能です。

 
イーサリアムの場合は、マイニングされた総量が0.1ETHを超えると、24時間に一度送金処理がなされます。

送金結果は、Cabinetの”Payments”から確認することができます。

 
スクリーンショット 2018 01 14 13 28 44

実際に受け取ることができる金額は、手数料0.01ETHを差し引いたものです。

僕はBitfinexで受け取りましたが、もちろんZaifbitFlyerのウォレットも使用可能です。

 
スクリーンショット 2018 01 14 13 33 49

送金された金額は、”My balance”から減っています。

 
以上が、今回のSunMiningにおける配当結果でした。

 
SCAMと疑われていたサービスでしたが、きちんとウォレットまで送金されることが確認されました!

 
したがって、ハッシュパワーが売り切れてしまう前に、再度増資することを決めました。

先行のジェネシスマイニングでは、あまりの人気ぶりから品切れ状態が長く続いています。

 
SunMiningについても広く知れ渡ってしまい、売り切れて投資することができなくなってしまう前に、早めのご購入をおすすめします。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の利益を分散する意味でもクラウドマイニングはおすすめ

Solar panel array power sun electricity 159397

イーサリアムは、現行のPoWからPoSへの移行を控えています。

ここでは割愛しますが、簡単にいうと将来的には、クラウドマイニング含めて、イーサリアムのマイニングによる報酬が激減するであろうと言われています。

 
しかしSunMiningのように、2年間と期間を決めてクラウドマイニングという形でマイニングするのであれば、問題はないと思われます。

高額な機材を購入して、自分でマイニング機材を組み立てるよりは、遥かにリスクが低い投資であると言えるでしょう。

さらに、仮想通貨の現物取引だけでなく、他の手法を組み立ててリスク分散をするという意味でも、クラウドマイニングはおすすめできる投資方法です。

 
Pexels photo 256502

仮想通貨の発展に伴い、マイニングによる世界的な電力消費の増加は、避けられない問題となっています。

 
SunMiningはその名の通り、再生可能エネルギーである太陽光発電を利用した、次世代のクラウドマイニングサービスです。

そのため、単なる投資対象ではなく、仮想通貨が未来永劫、持続的に発展するために必要不可欠なビジネスなのではないでしょうか。


仮想通貨案件は、その投機性ばかり議論されがちですが、僕はそうではないと思います。

 
利益率の高いクラウドマイニング案件は、もちろんそれだけで魅力的ですが…

仮想通貨全体の発展を見据えたビジネスへの投資として、SunMiningをご検討してみてはいかがでしょうか?

SunMinig

 
参加はこちらよりどうぞ!
 
SunMiningの参加方法詳細はこちら>>>> SunMiningのクラウドマイニングはコスパ最強・少額投資可能でおすすめ

 
こちらもどうぞ>>>> 海外旅行好きのノマドが仮想通貨の未来に期待する理由
 

 - 未分類