大学の専門や研究で有利になる理系の就活はくだらない

      2018/08/08


「就職するなら、どんな会社がいいのかな?」
「就活で有利になる学部とか専攻って何だろう」
「リクルーターや先輩にどんなことを聞いたら良いのかな?」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、ノマドのTEN(@02smwhere)です。

 
まずはじめに、就活生の皆様、本当にお疲れ様です。

僕は理系の大学院まで進み、就活はかなり力を入れて頑張ったので、不安や辛い気持ちがよーくわかります。

新卒採用のルールも年々変わるし、いまの学生はかわいそうですよね。

 
そんな僕ですが、自動車メーカーから外資系コンサルティングファームへの転職を経て、現在は大学の専門とあまり関係のない仕事をしていたりします。

本記事では、僕の経験を踏まえて大学の間に就活に向けてやるべきことをアドバイスします。

本記事のまとめ
  • 大学の専門に固執した就職活動に意味がない理由
  • 就活で迷った時に選ぶべき企業の特徴
  • 就活の時にOBOGに聞いたほうがいいこと
スポンサーリンク

大学入学時の専門に縛られた就活はくだらない

StockSnap GQ1ZPF01BL

なぜ、あなたは今の専門、今の学部を選んだのでしょうか?

多くの学生が、この質問に戸惑うと思います。

僕の場合、偏差値で大学を選んだのもそうですが、いま思うと、あまりにも無邪気に選んでしまった気がします。

 
そうなってしまうのも、当たり前でしょう。

高校生の頃は、世界のこと、生きるということ、働くということについて、何もわからなかったし、知る術もなかったからです。

そんな状態で選んだ大学の専門で、就職が決まり、その人が生きる未来が決まるなんて、馬鹿らしいと思います。

 
もちろん、昔から持っている夢をかなえるために、必要な知識を大学で勉強して、社会に羽ばたいて行く人も多くいることでしょうが…

残念ながら、僕はそうではありませんでした。

 
Pexels photo 267491

僕は高卒の両親から生まれ、勉強と部活しかしたことのない、地方で育ってきた子どもでした。

大学入試の願書を出す年齢では、将来の夢まで見通して、大学や学部を選べるわけがありません。

 
ちなみに、その時は得意だった数学や物理が活かせて、なんとなく宇宙開発にワクワクしていたので、入試を決めたくらいしか覚えていません。

しかも、かなり直前まで専門を迷っていました。

総合大学だったので、入試前夏のオープンキャンパスには、医学部の保健学科を見学したほどです。

結局、工学部の機械科に出願したのですが…

どんなことを勉強するか具体的に知ったのは、実際に大学に入ってからだったと思います。

 
IMG 0146  1

これは、僕が大学の実習で描いた機械図面です。

工学部・機械科という環境の中で、大学院での研究室生活も含め、6年間を過ごしました。

周りの同期や先輩たちが名だたる大企業、特に製造業に行くのを目にして、自分もなんとなく、その道に進むものだと思っていました。

 
けれど今考えてみると、非常にくだらないモチベーションですよね。

安易に就職先を決めてしまう前に立ち止まり、自分自身の頭で冷静に考えてみればよかったです。

なぜならば、OBOGが行くような会社に必ず就職しなければならない理由はないからです。

 
確かに、OBOGは積極的に就職をサポートしてくれるし、大学の教授たちも推薦してくれることもあります。

けれど、それはあくまで、大学における企業との窓口と、受け入れる人事やリクルーターとのやり取りに過ぎません。

XXX大学の学生、YYY研究室の出身、今年は採用人数Z人、といったノルマとレッテルにまみれた目線で人間を見ているのが、現実なのです。

 
だから僕たちは個性を殺して、これまでの慣習に合わせて就職先を決めてしまうことに、疑問を持たなくてはいけません。

 
合わせて読みたい>>>> 就活生へ、自分にぴったりな企業の選び方なんて存在しないよ
 

特に理系は研究が有利になる就職先を選びがち

Pexels photo 70292

残念ながら大学の就職担当や教授は、来年の学生を確保するために、就職実績を作るために必死です。

親切なリクルーターも、結局は企業から指名されて、優秀な学生を採用するようにプレッシャーをかけられた先輩です。

 
それにも関わらず、実際に大学に足を運んでくる社会人は、優秀な学生を自社に入れるために、必死になって優しいふりをしてきます。

親切な大人ならば、学生がやりたい仕事に就いてくれるのが、何よりも嬉しいはずです。

 
そもそも、教授やリクルーターの言うことと、これから長い人生を生きる個性的なあなたにとって、本当に必要なものは違っていて当たり前なのです。

元を辿れば、就活をしなければいけない理由だって、大人の都合です。

生まれる時代によって、偶然就活がハードになったり、ルールが変わったり…

学生たちも、いい迷惑かと思います。

サイレントお祈りなんて、まさしく企業が学生をナメている典型の一つでしょう。

 
だからこそ、学生であるあなたも、謙遜して自分を殺す必要なんてないのです。

 
「自分が働くことで、どんな個人的スキルが得られる会社であるか」

「いかに自分のために、会社で働くことを利用できるか」

 
一見自分勝手に見えるかもしれませんが、

「こちらから企業を利用してやる!」

くらいに、考え方を改めても良いと思います。

 
こういう考え方にシフトすると、自分が就職活動で選ぶべき企業が、だんだんと定まってくることでしょう。

 
合わせて読みたい>>>> リクルーター面談と面接の対策の違いとは
 

スポンサーリンク

就活がくだらないと感じてしまう理系大学生が取るべき選択肢

Pexels photo 289825

僕自身が、就活で正直な心に向き合えなかったことの反省として、せめていま就活している皆さんへ、改めて伝えたいことがあります。

 
本当に、自分がやりたいことはなんですか?

周りの環境に流されて、見栄や専門に引きずられて、見失っているものはありませんか?

 
もしも、まだ本当にやりたいことが見つからないのであれば、同僚や教授の言いなりになって、専門分野にのめり込んでしまうのは危険すぎます。

一生に一度の新卒の就職活動では、自分の若さと時間という資本をどの会社に投資するか、非常に良く考えて行動する必要があるからです。

 
StockSnap C2N64OP21L

就職先に迷ったのであれば、今後のキャリアでどこでも通用するスキル、いわゆるベーシックスキルが身につく就職先を選ぶと良いでしょう。

ロジカルシンキング、プログラミング、議事録やプレゼンなど、ビジネスマンとして基本的なスキルが身につく企業であれば、それから先どんな分野でも食べていくことが出来ます。

 
人間の寿命も伸び、定年退職も延長されるであろう現代です。

専門スキルを身につけるのは、社会人を数年経験した後でも決して遅くはありません。

 
実際に僕は外資系コンサルティングファームでコンサルタントとして働き、その経験が様々な場面で生きています。

 
合わせて読みたい>>>> 新卒の就活ではベーシックスキルが身につく企業を選ぶべき
 

大学では自分の専門や研究内容以外が見えにくい環境

10428191 295042497333296 3987904895260815685 o

僕が新卒で就職するときは、非常に悩みました。

変に口ばっかりうまいばっかりに、内定取れてしまったり。

北海道からだと飛行機代がもらえるので、それ目当てでいろんな企業回ったり。

 
結果として、これらは僕自身に良いことをもたらしませんでした。

内定の数を競ったり、交通費を集めたりするのに夢中になってしまって、本当に自分が何をしたいのかわからなくなってしまったんです。

 
PEZ86 torihazusaretabuhin TP V

とはいえ、僕の専門は工学部、しかも機械科ということもあって、就職は非常に有利だったように思います。

誰でも知っているようなメーカーなど、様々な大企業から幅広い求人がありますからね。

 
しかし、工学や機械という裾の尾の広い専門や大企業に身を置いてしまうと、その外の世界に出ていくのに膨大な労力がかかることもあります。

小さな島国に生きる人よりも、大陸にある内陸国に住む人の方が、海を知らずに死ぬ確率が高く、海がたどり着くまでに長い距離を歩かなければいけない…

そんな感覚に、似ている気がします。

 
DSC06629

これは、僕の地元が北海道であるという、閉鎖的な環境も影響していた気がします。

北海道はたくさんの企業が集まる本州からは遠いので、結果的に合同説明会や知名度が高い企業など、与えられた選択肢の中で会社を選んでしまいがちです。

 
僕自身も、与えられて目の前の中にある選択肢しか目に入りませんでした。

その中から、大手の自動車メーカーを選んで就職しました。

できる仕事の幅が一番広そうで、入社した後もいろんなキャリアが選択できそうで、ネームバリューも申し分ないと感じたからです。

そして案の定、自分の内なる気持ちをごまかすことができず、わずか8ヶ月で退職してしまいます。

 
今思うと、本当に自分が何をしたいのか、どう生きていきたいのか、きちんと向き合っていなかった結果だと思います。

 
合わせて読みたい>>>> 第二新卒で自動車メーカーから外資系コンサルタントへ転職
 

専門や研究分野の異なる就職活動に役立つ具体的なサービス

MBP9V9A8418 TP V

同じ専門分野の先輩が就職するような企業を、あなたが必ずしも選ぶ必要がないことについては、お分かりいただけたことでしょう。

そもそも、高校生の無知な時に選んでしまった専門分野で、一生食べていかなければいけないなんて、悲しすぎます。

 
一方で学生だからといって、就職活動で企業や先輩社員に見られるばかりではいけません。

こちらも企業を利用してスキルを磨き、先輩を評価する側の人間として、対等に向き合うことが必要なのです。

就職活動を通じて、先輩とのメッセージのやり取りや、説明資料の作り、話し方一つ一つを見ていけば、ビジネスマンとしてどの程度のスキルが得られる会社であるか、わかるようになってきます。

 
大学に来るリクルーターは、あくまで学生の採用を目的とした企業の広告塔です。

そのため、採用活動とは全く関係のないところで、様々な企業のOBOGと知り合ってみると、より一層情報を集めることができます。

 
ビズリーチ・キャンパスを使えば、企業名から同じ大学出身の先輩を探して、話をすることができます。

 
一度大学に入ったのであれば、その大学の歴史や知名度、学部や研究室などの、コネクションを利用するに越したことはありません。

ましてや、学科や研究室などの専門分野と異なる就職活動を行なう場合、大学という括りで先輩を探すことができるのは、大きなメリットであると言えます。

学年を問わずに、将来のことを考え始めるタイミングで、好きな時にOBOGを訪問することが可能です。

 
僕も実際に、OBとしてサービスに登録しています。

スカイプでのオンライン相談も対応できるなど、遠方で活躍する先輩であっても気軽に就活の相談に乗ってもらえるシステムが整っています。

 
運営しているビズリーチは、管理職やグローバル人材といった一流のビジネスマンが利用している、会員制のスカウト型転職サービスです。

最近では、テレビCMもよく流れていますね。

転職についても、現代では自分で応募するのみならず、このようなスカウト型の転職が一般的となってきています。

 
そんなビズリーチが運営しているビズリーチ・キャンパスに登録している先輩は、有名企業で勤めている人が多いです。

また、サービスに登録しているだけで、有名企業からスカウトが届くこともあります。

 
セミナーやインターンなどの就活情報も充実していますし、登録も無料なので、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらからどうぞ!


 
また、就職活動に疲れたら、もっとゆるく企業の情報を集めていくこともおすすめします。

そんな風に、堅苦しい雰囲気を取り払った新しい就活サービスが、ニクリーチです。



“"

 
ニクリーチでは、企業の方に焼肉をおごってもらいながら、普通の就活では聞けないことをざっくばらんに聞くことができます。

こちらも運営しているのは、スカウト型転職サービスのビズリーチです。

 
ニクリーチでも同様に、研究内容や学会の受賞歴などを含めて、自分のプロフィールを登録しておけば、企業からスカウトが届くことがあります。

スカウトだけではなく、定期的にお肉やお寿司を食べれるイベントの開催通知が届きます。

 
無料で登録するだけで、企業研究のみならず、美味しいお肉をご馳走になれる新しい就活サービスに、ぜひ登録してみてください。

 
詳しくはこちらからどうぞ!



 

大学入学時の理系の専門で有利になる就活はくだらない

これから先の未来は、人工知能やベーシックインカムの復旧によっても、仕事という概念そのものが変わる可能性すらあります。

大学の専門で有利不利が決まってしまう、古い伝統の型にはまった就活なんて、全くもってくだらないのです。

 
今の世の中は、自分から情報を取りに行って、噛み砕いて、自分なりに考えて、答えを出せる人が成功できます。

ひとりでも多くの人が、納得した就職先を見つけることができることを祈っています。

 
合わせて読みたい>>>> ブラック研究室という理系大学が抱える問題と対策
 

 - キャリア, データ分析