ヤンゴン空港のシャワー・スパ・プライオリティパス対応ラウンジ情報

      2018/10/14


「ミャンマーの空港にはラウンジはあるのかな?」
「ヤンゴンから移動する前にシャワーを浴びたい!」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは、デジタルノマドのTEN(@02smwhere)です。

最近日本人向けのビザ免除など、ミャンマーは旅行者の間で注目を集めています。

 
本記事では、僕が先日ミャンマーを旅したときに利用した、ヤンゴン空港内のラウンジとシャワーについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ヤンゴン空港のプライオリティパス対応ラウンジの場所

ヤンゴン空港にはそれなりのカフェやレストランがありますが、まだまだ充実しているとはいえません。

そのため、もしプライオリティパスをお持ちなのであれば、早めにチェックインしてラウンジを利用することをおすすめします。

 
僕の場合は、チェックイン開始時間よりもかなり前に到着してしまい、カウンターが開くまでケンタッキーで粘ることになりました。

 

ヤンゴン空港のラウンジは、保安検査場をくぐった出国エリアにあります。

そのため、チェックイン以降しか利用できないことをご注意ください。

 
出国エリアには、免税店もいくつかあります。

 

プライオリティパス会員以外でも、各航空会社のビジネスクラスなどが利用できます。

東京から直行便が飛んでいる、ANAもこちらのラウンジが利用できるようです。

 

Mingalar Sky Loungeが正式名称のようです。

きれいな外観、早速中に入ってみましょう。 

 

入り口にスタッフがいるので、搭乗券とプライオリティパスを掲示して入室します。

スマートフォンのQRコードタイプの会員証も利用できました。

 

ヤンゴン国際空港のプライオリティパスラウンジをチェック

ヤンゴンの空港ラウンジは非常に広く、まるで大きなホテルのロビーのようです。

その割に利用者が少なく、かなりガランとしている印象でした。

 

座席数もかなりの数が確保されています。

搭乗ゲートに直通のエスカレーターがあるようですが、僕のときは封鎖されていました。

 

バイキング形式の食事をとる席もあります。

非常に格式高くてきれいな印象です。

 

メニューも洋食、ビルマ料理、デザート類と、かなり充実していました。

ラウンジ利用予定であれば、無理にほかで食事をとる必要は全くなさそうです。

 

PC利用や仕事用の席もあります。

もちろん、Wifiは全域で利用可能です。

 

バーカウンターにいけば、アルコール類も無料で注文できます。

冷えたペットボトル飲料も、スタッフにいえば冷蔵庫から出してもらえます。

 

スポンサーリンク

ヤンゴン国際空港ラウンジの無料シャワーと併設のスパ

ラウンジは水回りに至るまで、非常に清潔に保たれています。

一流ホテルと何ら遜色のないレベルと言っていいでしょう。

 
IMG 0142

ヤンゴン空港のラウンジには、無料のシャワー設備があります。

利用者がいるたびに都度清掃が入るので、こちらもきれいです。

 
IMG 0141

もちろんお湯もちゃんとでますし、洗面台もものすごく広いです。

ドライヤーも設置されていました。

 
IMG 0143

なんと、歯ブラシなどのアメニティも完備です。

 
IMG 0140

タオル類などもすべて無料で利用することができるので、非常にありがたいです。

清掃のたびに変えてもらえるので、ふかふかのタオルで体を拭くことができます。

 

また、今回は利用しませんでしたが、ラウンジにはスパも併設されています。

気になる方は、ぜひ飛行機に乗る前に、リラックスしてみてください。

 

本記事では、ミャンマーのヤンゴン空港のラウンジ・シャワー情報をご紹介しました。

 
ミャンマーはまだまだこれからの国なので、日本語の情報が少ないのが現状です。

以下の記事では、ミャンマーのおすすめゲストハウスと共に、各都市間のバスを情報をご紹介しておりますので、ぜひ合わせてご参照ください。

 
合わせて読みたい>>>> ヤンゴン・バガンのおすすめゲストハウスと都市間移動情報
 

 - ノマド生活